人生の確率計算

先日例の仲間の会合で“Y君の所感”“ピアニスト君の確率計算”を巡って話題が湧いた。
   ▲女は畏怖すべき存在:[C-178]、に紹介している“Y君の所感”
『Y君はふと、確率的には稀な「人との出会い」に恵まれる僥倖を頂いたのを有り難く思う、という。』
     のクダリと、

   ▲ダンスパーテイでの確率計算 :[A-96]: の中で、
ピアニスト君が、「ダンスパーテイのミキシングで、同じ人と5回出会った幸運の確率」を論じ、『稀な現象ではあるが、それほど驚異的な奇跡というわけでもない』、と述べていること
     が発端で、

「人生に於ける、幸・不幸の生起確率」が議論になった。

 ★ ★ ★ ★ ★

   数年前の話だが、R2君はビンゴで2回連続して大当たりを得た。
長いクルーズの船内でビンゴ大会があり、一等は20万円位の値打ちのあるプレゼントが贈られる。
乗客の数百人の殆ど全てが参加するから、当選確率は数百分の一である。
一度でも当選すれば羨ましがられるのを、R2君は2回のクルーズで連続して獲得したのだから、周囲の人達に呆れられるほどの幸運である。
しかし、容易に計算できるとおり、その確率も数十万分の一で、ピアニストのダンスパーテイと同程度であり、一億円宝くじ以下である。
運が良かった、という程度であって、驚くほどのものではない。

 ★ ★ ★ ★ ★

こうして生起確率の話になって、改めて思うと、
   ▲海外旅行:[C-106]:
に私が書いた件
   :Y君に関係ある(M)さんと出合ったのは、
   上記の①ダンスパーテイ、②ビンゴ、の話よりも、
   桁違いに生起確率の小さな、珍しい出来事だったと思う。

更に、Y君は
   ▲昭和の青春(4)戸隠ブログを見て :[A-89]:
にあるような奇跡的な体験をしている。
この生起確率の計算は、どの様に考えればよいのか見当も付かないが、
10億分の一、100億分の一、などという数字ではないだろう。

そして
  ⑥a ▲因縁?、仏縁?、分る事、分らぬ事: [C-149]
  ⑥b ▲不思議な体験:[C-177]
 
に述べている私自身の体験に至っては、計算方法どころの話でなく、
  「生起確率」などという概念、も持てないであろう。

 ★ ★ ★ ★ ★

そうしてみると、現実にそのようなことが起こったのは、
偶然ではなくて、誰かが意志を持ってその様にした
     としか考えられない。
孫悟空が仏様の掌中でいい気になって動き回っているように、
我々も人間の理解を超えた領域で生かされているのかも知れない。

動物の集団の中での各個体の能力は同一ではなく、優劣があるものの、犬は犬の、猿は猿の、『相場』があることを、
  ⑦ ▲感度の有無(4)民主主義:[C-130]
  ⑧ ▲感度の有無(5)交通警官:[C-131]
に書いた。 人間からは見えるこのことを、犬や猿は理解していないだろう。 同様に人類よりも知的に上位の存在から見ると、人間の『知的相場』の限界が見えるのだろう、と思った。

 ★ ★ ★ ★ ★

私は4年前に書いた

  ⑨ ▲人類滅亡論[2]人知の限界 ◆超科学(2):[C-3]:

  ⑩ ▲人類滅亡論[1]人知の限界 ◆超科学(1):[C-2]:

を再度主張するのだった。


なお、“砂山のパラドックス“に関して一寸計算をしてみた。
地球全体を直径1mmの砂粒の集合とすると、其処に含まれる
砂粒の数は、8.6X10(29乗)である。

この記事へのコメント

Mariko
2011年08月01日 02:11
2011年7月にプロゴルフの有村知恵選手が、同一ラウンドでホールインワンとアルバトロスの両方をやった。 アルバトロスは、400㍍以上もあるロングホールで5打で入れるべきところを2打で入れることで、ホールインワン以上の難事。 日本女子プロゴルフ協会によると、1080万9184ラウンドに一回の確率。 毎日1ラウンドして2万9614年に一回あるかないか。 このようなことも起こることがあるのだ。

この記事へのトラックバック

  • 「春の大連休」に国を憂う

    Excerpt: 大型連休に入って、毎年恒例の高速道路渋滞が、毎日続いている。 昨年末以来の景気悪化の環境で庶民は旅行を差控えるのがふつうだと思うが、今年は逆に昨年よりも高速道路交通量が増えているという。 その原動.. Weblog: 晩秋 racked: 2009-05-05 03:54
  • 因果

    Excerpt: 2010/2/9の毎日新聞、発信箱欄に、“因果”という記事が載っていた。  内容の概略は次のようである: Weblog: 変人キャズ racked: 2010-02-23 21:03
  • 65年間の回想(5)

    Excerpt: 第3回の記事、(▲65年間の回想(3):[C-215])、の中で、    あの記事を書くのに大変に難航したことを述べた。 それは、    思考経路の説明の或る部分を、普通の人ならば、さらりと書ける.. Weblog: 変人キャズ racked: 2010-05-25 17:41