変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平野博文官房長官

<<   作成日時 : 2009/12/14 05:41   >>

トラックバック 11 / コメント 2

我々のグループが鳩山由紀夫氏を買い被っていた、との晩秋氏の批判的意見
   ▲[2009/12/13] ” 鳩山総理への疑問

     に、些か面目ない思いをしたのは事実である。

ただ些かの言い訳をするならば、民主党の成立の当初に、
   鳩山兄弟が意見の衝突があり、邦夫氏が出て行ったときには、
   我々のグループは邦夫氏の側を心情的には応援していた。
我々の論理としては、由紀夫氏でなく、邦夫氏側に共感していた、
   なんて、今言うと却ってみっともないが、事実である。
   由紀夫氏の優柔不断ぶりを見て、育ちの良さから来る限界
   と受け止めていたのは間違いであって、兄弟でも邦夫氏は違うのだから、
   もっと早く気付くべきであった

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ 

鳩山内閣を買っていたのには、
   一つには初めて日本で実現した理系人材の内閣 ということもあったが、
   もう一つ平野博文氏が官房長官に起用されたことがあった。
   これも今となっては、みっともない言い訳であって、
   言わずもがな、のことだが、  実は仲間のY君、 の存在があったのだ。

以前にも書いたように、Y君は都内の幾つかの大学の非常勤講師をしていたが、
   その中でも最も長期間に亘ったのが、 中央大学だった。
   今年初頭に中大理工学部で教授殺人事件があったが、
      あの建物のあの階には、 そして事件現場となったトイレには、
   Y君が毎週一度行っていた。

そのY君が中大に行くことになった、初年度の受講者の中に、
    平野氏がいた、と考えられるのである。
    別に名簿で確認したわけでもないが、年次としてその筈である。

それでも、それはやはり一つの縁というもので、
    我々がそのような人物が参加している内閣に好意を持つたのは、
    小浜の街がオバマ氏に好意を持つのと、似た程度の話である。

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ 

ところが、先月になって、我々のグループは
   平野氏に大層不快な思い、をすることになった。

来年一月の社会保険庁の廃止に伴い、発足する「日本年金機構」には
     現在の職員が多く移行する予定である。
ところが、長妻厚労相は、
   過去に年金記録に絡んで懲戒処分を受けた職員ら、
   約500人を年金機構に移さない方針
を明言。
   戒告など軽い処分の約200人は、
   厚労相の非常勤職員として採用する救済案を検討していた。
重い処分を受けた職員は組織改編で余剰人員が出たときには
     「分限免職処分」 (職員の意思に関係なく免職できる)、
       もやむを得ない、と、長妻氏は考えていた。

これに対して、平野氏は厚労省に訪れて、旧悪職員の救済を求め、
       長妻氏との協議は物別れになった、という。
     労組出身の平野氏が、閣僚と直談判したというニュースを聞いて、
      私は驚き、且つ呆れた。


自身に何の咎もない中小零細企業の経営者・従業員が、
      不況の中で倒産し、失職していく中で、
     官庁の職員は犯罪者でも救済するというのは、
       余りにヒドイ。


少し前にはリーマンショックで危くなった金融機関の問題があった。
     血税で救済した銀行・証券会社の、
         高給やボーナスが、平然と支給される事態に、
         何も言わない我が国と異なり、
     米国などでは、猛然と批判があり、政治家の対応があった。



そのような無法が無くなると思ったから、 理系内閣に期待を寄せたのに、
     これでは、資本家の代わりにスターリンがのさばった、
         一世紀前の世界と同じではないか。


   その後の経過を見ると、社保庁正規職員12,500人のうち
     分限免職対象となるのは525人だが、
     そのうち401人は退職金の上乗せを希望して自ら免職を選んでおり、
     懲戒処分を理由に年金機構に移れず、再就職の決まらないのは59人だという。

その大半は労組員で、民主党の支持団体・連合の意向が
             平野氏の行動に繋がったらしいが、
     労組員ならば何をしても良い、というのでは
         昭和20年代の社会党と、 同じではないか。


前の内閣では増添氏が恰好よいことを言っても、
     厚労省の職員の処罰を全然行わなかったのが、非常に不愉快だった。
     平野氏の行為は、増添と同じではないか。 


改めて、長妻氏の健闘を祈り、期待し、
       平野氏・鳩山氏の反省を求める

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
長妻厚労相に拍手
鳩山内閣が発足して、まだ2カ月経っていないが、次々と国民のための政治が動き始めている。 八ツ場ダムとか、沖縄の基地問題とか、派手な話題の報道に隠れてあまり目立たないが、非常に重要な政治決断が長妻厚労相によってなされたことを、私は大きく評価したい。 ...続きを見る
晩秋
2009/12/14 06:57
NHK「朝ドラ」検討
11/18の新聞に、『NHK「朝ドラ」検討』、の見出しがあったので、流石に鈍感なNHKも、 もう少しましなドラマを造らなければいけない、と反省したのか、と思って、記事を読んでみて、あきれ果てた。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2009/12/16 05:14
(COP15)の閉幕
コペンハーゲンで開催され、全世界の190カ国以上が参加した、「国連気候変動枠組み条約第15回締結国会議(COP15)」、は、19日に閉幕した。 ...続きを見る
佐久間象川
2009/12/21 06:58
ダリの描いたキリストの絵
「ダヴィンチ:最後の晩餐」に次いで、サルバドール・ダリの「十字架、聖ヨハネのキリスト」が放映された。 解説の最後に、ダリの複雑な信仰心についてのインターヴューがあった。 「あなたは神を信じますか」との問いにダリは答えた。 「神は信じます。 しかし、信仰はありません。 数学と科学は神の存在を証明しましたが、私はどうしても信仰を持てないのです」と。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2009/12/29 03:15
【日記&年末挨拶】「国民が引き受ける政治」と自分の距離感
今年は、マル激を秋から見るようになり、まあ驚くことがままありました。 ...続きを見る
散策ツー!
2009/12/31 16:10
【日記&年末挨拶】「国民が引き受ける政治」と自分の距離感
今年は、マル激を秋から見るようになり、まあ驚くことがままありました。 ...続きを見る
散策
2009/12/31 16:10
現内閣への失望と、長妻氏への期待
前回記事(▲平野博文官房長官)に書いたとおり、 鳩山政権の発足に大層な期待を持った我々のグループの甘さ加減に対し、晩秋氏から水を掛けられて、しかもそれが当っていることをいろいろと見せつけられて、 この新春は実に暗い気分である。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/01/10 14:47
晩秋ブログと“教師と学生”
晩秋ブログ:    ▲[10/3/3] ” ブログへの思い にある、『キャズが若林亜紀氏に言われた“Y君の件”の紹介を、晩秋が書いている』、 との記述に関し、ツイッターで質問が有ったのだが、長くなるので此処でお答えする。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/03/11 12:42
中国への日本の「フィンランド化」は絶対に避けねばならない!!!
最近、米国の軍事評論家、ロバート・カブラン氏の論文『"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略』が、フォーリン・アフェアーズに掲載された。産経は、その概要を、論説副委員長・高畑昭男氏が5月15日付けで紹介している。それを、『(参考1)』に示す。さらに『(参考2)』の5月19日付けの産経の正論では、田久保忠衛氏が、ロバート・カブラン氏の論文を参照にしながら、我が国・日本の対中関係で、事実上の「フィンランド化」が進みかねないことを恐れている。そして同氏は『日本の運命を託す救国の政治家は末期... ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2010/05/27 18:05
65年間の回想(11)中央大学
先月6/15日に鈴江武彦氏が亡くなられた。 鈴江氏は元日本弁理士会長で、   虎ノ門に大きな自社ビルを持ち、 特許事務所を運営していた。 多忙な筈の氏は、多分その息抜きだと思うのだが、毎週一回    中央大学理工学部に非常勤講師として、長年、出講していた。    昨年一月に教授殺人事件のあった、あのキャンパスである。     南雪谷に豪邸がある裕福な鈴江氏は、或いは社会奉仕の    心算であったのかもしれない。 以前に、▲j平野博文官房長官: [C-195]、に書いたこ... ...続きを見る
変人キャズ
2010/07/02 21:03
管と鳩山の評価
6/2午後の衆議院本会議で、野党3党の提出した   内閣不信任決議案は、賛成152、反対の大差で   否決された。 その当日朝まで情勢は不明で、   むしろ可決されそうな雰囲気まであったのに、   当日になって一変し大差で否決されたのは、   当日正午から開かれた民主党代議士会で、   管首相が行った退陣表明演説のためである。 ...続きを見る
変人キャズ
2011/06/05 05:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キャズ様
コメントとして入れさせて頂きますが、これはお読み頂いて直ぐに削除して頂く物として書いております。
スキーシーズンを向えお孫さんの事、白昼夢を見られた事を思い出しました。

昨年の大晦日の日でしたね、白昼夢を見られたのは。
私は白昼夢は見た事は有りませんがこの様な科学では解明出来ない事を二,三度経験しましたが虫の知らせと言うような不思議な電波の様なものが有るのですね。

お孫様は中学生になられてお祖父様お父様譲りの才能で輝かしい未来に向って勉強に励まれておられる事とお察しいたします。

キャズ様ご家族の皆様新しい年も健康で明るく過ごされます様に。    モナミ
モナミ
2009/12/28 21:35
本年度の予算委員会への参戦は、いつになるのですか入江は、待っています私も参戦します。
入江
2010/04/11 18:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平野博文官房長官 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる