変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「美しい国」を作るための提案(3)

<<   作成日時 : 2007/05/22 05:02   >>

トラックバック 7 / コメント 4

「美しい国」を作るための提案(3)
     法科万能100年の咎め、の修正(2)


前回も書いたように、わが国では、
一般の殺人事件では、一人殺しただけでは絶対に死刑にならないし、交通事故で人を殺した場合の刑罰は、何人の死者を出しても、懲役は5年以下、である。
若しも、たとえ一人でも死者を出すような事故を起こせば、自分も死刑になる、と思えば、乱暴運転をしなることは明白である。
死刑でなくても、懲役20年くらいの罰があれば多少は効力もあっただろうが、2001年に危険運転致死傷罪(懲役20年以下)が新設しても、警察も検察も、司法関係者はこれを使わないから実効は無く、悪質運転への抑止力にならなかった。

この様に法律が無効であった理由。 そして同じ交通殺人でも、酔っ払い運転や、事故後に通報せずに逃げてしまえば、更に刑罰が軽く、大体懲役3年くらいで済む事情は、
「美しい国」を作るための提案(1)、にも引用した
  ★耐震強度偽装問題:[C-111]: [2005/12/24]
  ★道路交通事故多発の原因:[C-112]:[2005/12/31]

に書いた通りである。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「法科万能」の官僚システムを打破して、合理的な社会を建設するのは、それなりの、思い切った方策が必要である。
根本は、全て、権力の在る所に、責任を問うシステムを作ることだ。


難しいことだが、前回述べたように、過去百年の社会的因習を打破するのであるから、一見非常識に見えるくらいの荒療治が必要になる。



私は最も有効な方法は、
 裁判官、官僚など法律関係者の家族が被害を受けた交通事故の場合は、現在の「業務上過失・・で懲役5年以下の罰則」の交通取締り法を適用し、
 一般人が被害者である事故には、既に成立しているが、法律関係者が使用を避けている、「危険運転致死傷罪(懲役20年以下)」または、「殺人罪」、を適用する事を、
法に明記することだと思う。


★ 即ち、権力の在る所に責任を問うシステム、に修正するのだ。

この様にすることにより、真っ当な論議が発生して、交通事故対策だけでなく、わが国の全ての分野で、根幹からの建て直しが可能になる。

社会を導く舵取りを仕事として、その結果の現在があるなら、現存する問題の原因を作った当時の官僚や代議士の俸給は返還させるべきである。




医師不足の困った社会、が生じたのだから、
『過去40年間に厚生省の官僚であった者(及び、その家族)や、厚生関係の族議員であった代議士(及び、その家族)が病院へ入院することが出来るのは、入院や治療の必要な市民が待たされていない場合に限る』、
  という決まり、を作るべきである。

これ等の人達を救急医療施設に受け入れるのは、次にもう一人、一般市民が搬入されても受け入れ可能な、余裕のある場合に限るべきである。

何故ならば、
開業医が増え、競争で儲けが減るのを防止する目的で、
20年前に、大学医学部入学定員を減少したのが、
今日の医師不足の原因
であるから、
その責任を取って貰うのである。



★同様な問題は、介護士不足の問題にもある。
過酷な労働条件、薄給、と人材の集まらないような仕組みを作ったというか、放置してきた、と言うか、その結果が現在の介護士不足であり、ケアーハウスの経営難である。
介護を要する老人達の行き場がないままに、社会の高齢化が進行する現状、に責任の有るのは、政治家、官僚である。

『政治家、官僚(及び、その家族)がケアーハウスへ入る必要が生じた場合は、そこに一般市民が待たされていない場合に限る』
 という決まり、を作るべきである。
一般市民の希望者が多くて、全員の要望を満たす事の出来ていない場合は、政治家・官僚の家族の人達を、ケアーハウスに受け入れるのは止める。 
これ等エリートの家族たちの、病院への収容は後回しにするという決まりを作り、その収容は、「次にもう一人の一般市民」が受け入れ可能な場合に限るべきである。


こういう決まりが有れば、政治家も官僚も、本気で仕事をしてくれるだろう
と、私は考える。

言い忘れたが、以上の文章で、政治家も官僚も、と書いたところは、全て、
   「マスコミ関係者も」
を付け加えなければいけない。

但し、こちらは権力を持たない立場であるから、在職中に、この方面でこれだけの働きをしたと言う書類を出させて、それを然るべき委員会で審議して、入院、入居、を認めてやる途を作っておいても良い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
強姦常習者の放置
只今、今朝の朝刊を見て驚いた。 「特急内で強姦。容疑者再逮捕」というのである。 昨日21日、JR北陸線特急の車内で、36歳の男が女性を強姦した事件の報道である。 ...続きを見る
晩秋
2007/05/23 20:34
【日記】しばらく、ゆるいブログにしたいと思います
このところ政治関係のエントリーが多くなっていますが、昨日ブログめぐりをしていたら、花とか鉄道模型とか趣味のブログをやっている人が、楽しそうに見えました。「平成狸ぽんぽこ」で泥舟にのった長老のようで、負い目がありますが、少し気楽な内容でブログをしたいという気になりました。どうなるかわかりませんが。少し模様替えしてみます。 ...続きを見る
散策
2007/05/23 21:32
教育改革の行き先
 教育三法が参議院に回ったそうだ。今国会での成立は確実視されている。これらの法律が教育を破壊すると以前書いた。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2007/05/24 01:40
介護福祉士・ヘルパーさんは「お座り!」といったら座ってね!!
トラックバックさせていただきます。 私も「私なりの介護福祉学」についての情報を書きました。情報交換になれば幸いですf(^_^) ...続きを見る
http://k-fukushi.see...
2007/05/24 22:42
「「美しい国」を作るための提案(3)」について
「「美しい国」を作るための提案(3)」について 変人キャズ氏からは、折に触れてTBを頂き、大いに感謝している。同氏の記事"「美しい国」を作るための提案(3)」”の記事内容に、大筋で賛成である。特に"「法科万能100年」の社会的因習を打破しよう”との提案には、常々、筆者が考えていた点と合致する点が多い。賛同する点が多い。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/05/29 11:19
山口県母子殺害屍姦事件の真相【画像あり】
1999年4月、山口県光市で会社員本村洋さん(31)の妻の弥生さん(当時23歳)と長女の夕夏ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人や強姦致死などの罪に問われた元会社員福田孝行(26)。殺人犯福田孝行に対して、21人もの弁護団が結成され死刑求刑が退けられ無期懲役の判決が下された。その弁護士団のあまりにも無茶苦茶な弁論が今波紋を呼んでいる。その詳細をまとめた。福田孝行の獄中書簡もまとめてみたのでご覧ください。 ...続きを見る
山口県母子殺害屍姦事件の真相【画像あり】
2007/06/27 17:43
65年間の回想(2)
今回、「65年間の回想」記事を書こうと考えたきっかけは、前回に書いたように、    “私から免許を取り上げる現在日本の社会システムの不条理”、に    腹を立てたのだが、過ぎたわが人生の奇跡的な幸運を思い返してみると、    運転が禁じられたくらいのことは大したことでない、と思い返したこと、だった。    そう考えると、平素は忘れていた、その恵まれた幸運な出来事を    思い返してメモを残してみようと、考えたのだった。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/05/20 17:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
近所の粗暴な人物を、何とかしてくれと警察に頼んでも、「民事不介入」を口実に、何もしてくれない。 そうしている内に、殺人事件が起こる。
何度でも同じ事が繰返される。
本日5/23にも発生した。こうした場合は、警察署長を殺人罪で起訴すべきなのでしょうね。
晩秋
2007/05/23 20:26
お久しぶりです。なんか私にけんか売ってませんか?冗談ですが(笑)。
AW
2007/05/23 20:56
AW様、
始めまして、&、お久し振りです。
見付からないように、陰で喧嘩を仕掛けた心算が、ばれてしまって、ハズカシイです(笑)。
御免なさい。

散策さま、
ゆるやかでない話題をトラックバックして、失礼しました。 お目障りでしたら、どうか、消去して下さい。

mugi様、
トラックバックを送った筈が、入っていません。さては、散策様の様にお断りになっていないけれど、消去されたのかな?
変人キャズ
2007/05/24 05:15
トラックバックをども.ただ,私個人は死刑廃止など,独自の思想がありますので,もし眼についたら突っ込んで下さい.なお,メルアドは kaetzchen@mail.goo.ne.jp です.
kaetzchen
2007/05/28 22:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「美しい国」を作るための提案(3) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる