変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学入試センタ−試験(1)

<<   作成日時 : 2006/01/29 07:49   >>

トラックバック 10 / コメント 0

日本列島が大雪となった一月21、22日に、今年もまた大学入試センタ−試験が行なわれた。
例年この試験の日には降雪などの悪天候に見舞われることが多いのだが、32年ぶりの大雪の秋田市は朝の積雪が50cm等で、今年は特に酷かった。
例年と言えば、試験の出題を巡るトラブルも、毎年どおりであった。

昨年も特定の教科書にだけ載っている評論文が出題されて騒ぎになり、
例年通り、「今後は厳重チェック」することになったのだが、

今回は更に悪質で、某社の教科書に誤りがあった(検定でも訂正されずに)のに気が付かずに居たものだから、その教科書で学習した生徒は、教科書通りに解答すると間違いになる事になった。

その上、今年は初めて英語リスニング試験が行なわれて、其処でも機器の不具合や、それに対する監督者の対応のミス等多くの問題を残した。


例年通りといえば、例年通りの出来事で、この試験が始まって以来25年以上の間に、無事故で試験が済んだ事は何%位あるのだろうか。



これだけ酷い事態であるのに関わらず、この愚行が定着して近頃では廃止の議論も聞かれないのは何故か。
私は其処に、悔しいけれど、日本人の劣等性を感じずには居られない


つまり、自分なり、家族なりが受験年齢に在ると、この制度の馬鹿馬鹿しさに腹を立てて文句を言うが、それが済んでしまうと忘れてしまう。 世の中に不正があると、怪しからぬ事とは思っても、自分に直接に関わらない事には手を出さず、放置するのが、日本人である。


拉致問題でも、自分の家族が被害に会わぬ人は他人事と思っているから、テレビで被害者の家族が写ると「可哀想」と言うだけで、それ以上には何もしない。

安っぽい人権屋の死刑廃止論者が、自分の家族がバスジャックの被害に逢った途端に、警察は何故、犯人を射殺してくれなかった、と騒いだ例も有る。

拉致問題に対して、日本政府よりも米国政府の方が敏感であるのも、この様な国民性というか、文化の違いによると思う。

従って、自分の身内に関わりのない、(私自身には一文の得にもならぬ)この問題を、こうして取上げる私は、 日本人社会にあっては「変人」なのだ。



★問題は何段階かに別けて考える必要がある。

@まず、センター試験という制度が正しいか否か、という本質的な問題が在る。

A次に、その運営に殆ど毎年、事故を生じ、それに対応して、その実行方法(配点法など)を手直しする、という歴史は何故生じたか、である。 高校生は自分の順番が回ってきた時にはどの様なシステムになるのか不安である。

B今年の問題点として英語のリスニング試験は意味があるか。


夫々はレベルの違う問題である。


今回はまず、@の制度自体の、本質的な問題に就いて考えよう。

毎日新聞(2005/7/20)日に、センター試験を大学受験資格にせよ、という提言があった。  大学生の学力低下とか、理系離れとかの根本的対策として提案されていたが、 実はこれは新しい提案ではない。
センター試験の前身の共通一次試験の導入の時に、良く主張された内容と同一である。

当時の国立大学教授の大多数は、共通一次試験に反対していた。
官僚が其れを押し切って推進した結果が、指摘された通りの、今日の教育界の惨状である。


佐久間先輩の意見(「デノミの勧め・3」教育行政)、では

このことは、現行方式を進めて来たことが、誤った選択であったことが証明された事である。
民間会社ならば経営判断の誤りを経営者は責任を取る。
役人だって、昔ならば切腹である。  最低限、退職金くらい返還すべきである


、となる。


★センター試験、更には、その前身の共通一次試験が始められた頃には、世の識者がこぞって反対し、新聞や雑誌等でもその様な論調の記事が良く見かけられたが、 何時の頃からか、その様な主張は蔭を潜め、見られなくなった。

悪い慣行が既成事実化していく中で、正論が蔭を潜めるのは毎度の事である。
マナーの衰退、日本語の乱れ、全て同じである。


そして当時多くの識者が予言したとおり、 日本の学生の学力は低下し、 学校教育は破壊され、惨憺たる世情を招いた。

産業立国を支えた理工系学生のレベルダウンが問題になると、 安直な政治家の中には、予算措置でも講ずれば翌年からでも回復するような、安易な考えの人も多いようだが、そういうものではない。
人材が育つまでには長い年月を要するもので、インフラ整備のように予算を付けても直ちに効果は望めないのである。


★然し、何故これだけ悪評嘖々たる制度が長続きして来たのか。
 それは、入試センターが、文部省の官僚の天下り先組織であったからである。
あらゆる官僚の天下り組織と同様に、この組織自体と、その関連先に官僚の利権が存在するからである。


私は小泉首相という人物を決して好きでない。
  然し、彼の偉いところは官僚の天下り組織に手を付けた、(少なくとも,付けようとした)、事である。

マスコミに載る言説としては実に見事な事を言う宮沢が、国民に大借金を残したのを初めとして、利口な歴代首相は官僚にだけは手を出さなかった。

論理不感症で、言う事が滅茶苦茶であるが、小泉は、歴代内閣が手を出さなかった官僚の天下り組織に手を付けたことは、立派である。

国家百年の計を思うと、小泉には初心の「米百俵」から踏み外さずに、 郵政だ、道路だ、でなく、教育の劣化の源泉であったセンター試験を、廃止して貰いたかった。

大学入試制度という震源が出す地震が、幼児教育・家庭教育の崩壊までも引き起こしているのだから、問題の大きさが他のものと全然違うのである。




◎この問題について、御参考までに、以下の記事をご覧頂ければ幸いである。

★[96] :[1989/4/17]「工学教育と設置審議会」
★[95][1989/2/ ]「大学入試共通テスト(b)」
★[94] [1989/2/28]:「大学入試共通テスト(a)」
★[88] [1988/8/9]「大学入試共通テスト」
★[12]{1978/3/29} 「大学入試に思う」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
センター試験と学業成績
大学受験コラムです。以下yahooニュースより”大学入試センター試験の結果と大学入学後の学業成績に相関関係はない―。琉球大学法文学部が二〇〇六年三月に卒業した四百一人を調べたところ、こんな結果が出た。また、入試の小論文で高得点を挙げた学生は学業も優秀であることが統計上分かった。仲地博学部長らは「大学で学ぶためには、暗記中心のセンター試験より、問題意識の有無や読解力、論理的思考力が重要という結果が示された」と指摘。調査を参考に、今後の入試の在り方を改善していく方針だ。”用はセン... ...続きを見る
大学受験|大学を受験する皆様へ
2007/01/05 16:57
センター試験を廃止しろ
 1980年代のいつごろであったか、予備校の教員室で雑談していて、同僚の先生に ...続きを見る
翻訳blog
2007/01/24 16:43
教育政策にモノ申す(1)
我々の仲間の間で、民主党新内閣に期待する気持が非常に強いのは、仲間のブログを見て頂けば直ちに分かる。それにも拘わらず、新内閣の政策で疑問を覚えるのは、教育政策である。 本記事の末尾に挙げる通り、私は今までに約20本くらいの教育関連記事をこのブログに書いていて、この問題には関心が強い。 民主党が掲げるようにGDP比5%を目標に、公的教育支出を増すこと自身は異存が無い。  が、その前に、なすべきことがある、というのが私の主張である。 ...続きを見る
変人キャズ
2009/10/15 06:58
センター試験と老人の感慨
昨日から大学入試センター試験が始まり、新聞、テレビでは受験生の数とか、当日の各地の天候の模様とか、マスクを掛けた受験者の表情とかが報道されている。 しかし、この制度が我が国の社会にとって、どのような意味を持つかの吟味などの論究は見当たらない。 ...続きを見る
佐久間象川
2010/01/17 11:32
大学入試センター、の仕分け
30年前の回想(1): 大学入試センター、の仕分け ...続きを見る
変人キャズ
2010/04/08 21:23
センター試験と仕分け
4/23に始まった、行政刷新会議の、「事業仕分け・第二弾」で    対象にした独立行政法人に、 「大学入試センター」、            が含まれていたこと、の意義は大きい。 『センター試験』、なるものの、原理的、本質的意義。    その事業が社会に齎す影響の議論。 つまり、実施の是非、    については何処まで議論されたかを、今回批判しても始まらない。 ...続きを見る
佐久間象川
2010/05/12 01:25
センター試験
本日1/15からセンター試験が始まる。   これの前身の共通一次試験が構想された時には   識者の猛反発があったが、それら正論を押し潰して   この悪政が定着した現在、当時の事情を知る者は   後期高齢者だけとなった。                   参照:      ▲「大学入試に思う」:[C-12]                :{1978/3/29}[2005/7/7]      ▲大学入試センタ−試験(1) :[C-117]      ▲大学入試センタ−試験... ...続きを見る
佐久間象川
2011/01/15 15:27
大学受験の現代文:現代文の受験勉強(評論文)
大学受験の現代文:現代文の受験勉強(評論文) 大学受験の現代文は公式や定理が無い ...続きを見る
大学受験ガイド
2011/08/06 17:36
大学生の学力(1)
日本数学会が昨日(2月24日)発表した、大学生の数学力   調査の結果が、即日テレビなどで報道されて、   世間を驚かせた。    もう7年も前の[2005/07/07]に、佐久間氏は、     今回の数学会と同じようなデータ、を披露して、      ▲ 「デノミの勧め・1」学生の学力低下:[B-17] に書いた。 彼は『「大学生」だと思うから驚くのであって、    デノミして「大楽生」だと思えば何でもない』、 と    世相を茶化していた。 .  それが現代の常識に... ...続きを見る
変人キャズ
2012/02/26 04:14
大学生の学力(2)
前回の記事に見た様な大学生の質の低下、特に理系の    極端な低下があっては、既に以前のように   「資源に恵まれない土地柄だが、技術立国で社会を   成り立たせて行く」、ことは出来ない。    電子産業も自動車も世界での優位は、過去の話となった。   しかも、政治家も官僚も、この非常事態の認識が無くて、   手を打とうとする動きが出てこない、のを危惧して、   我々の仲間は何度も、ブログにそのことを書いてきた: .   ▲[A-99]: 日本の非理系風土:[2009/7... ...続きを見る
変人キャズ
2012/02/26 12:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大学入試センタ−試験(1) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる