変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS (独り言82)「ウオルフ賞」

<<   作成日時 : 2005/09/19 04:12   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「ウオルフ賞」                        82.

★ 日本のジャーナリズムの一部には、頭脳の回路配線がどうかなっているのではないかと疑いたくなる論調が時々現れる。  たとえば、
「米国の原爆は人類に危険だが、ソ連の原爆は平和のため望ましい」
、といった具合に。最近の中東問題の扱いにも、フに落ちないことが多い。


★ レバノン政府の弱体をよいことにして、1969年に押しつけ調印させたカイロ協定は、 レバノン国内に於いてPLOに治外法権を与え、イスラエルに対するテロ活動を認めたものだ。  これによって、PLOは国境を越えてイスラエルの幼稚園児のバスを襲撃したりして、 約一万件の無差別テロにより七千人の民間人を殺傷した。
レバノン国内でも、 回教徒、特にシ−ア派とPLOの横暴に堪り兼ねたレバノン政府がアラブ連盟に提訴したり、彼らの支配地域にレバノン軍隊の導入を試みたが、 無駄だった。


当時、日本の新聞で「PLOは殺人を止めよ」と提言したのは無かった。  6月6日以来のイスラエルのPLO攻撃は、情勢の急変を促がした。
従来は、 「たとえ、パレスチナ国家が建設されても、イスラエルを壊滅する」 と言っていたPLOが、西ベイルートで包囲され、せん滅の危機に立って7月14日に初めて、 「イスラエルを承認する用意がある」 ことを表明した。
この頃、日本の新聞は、 イスラエルがベイルートの電気、水道を停めたのは怪しからん、 などと書いていた。


★ イスラエルは人口僅か四百万人弱の小国、 全世界のユダヤ人でも一千万人ちょっとしかいない。  が、彼らの近代文明への貢献の大きさは計り知れない。  自然科学の分野でもノーベル賞受賞者が70人近くもいる。


★ 学術賞としても最も有名なのはノ−ベル賞だが、次は何だろう。  フィールズ賞は対象分野が数学だけだ。  歴史が新しいので未だ一般的ではないが、ウォルフ賞の評価が、いま、急上昇中で、準ノーベル賞の地位を固めるつつある。
この賞は故リカルド・スピラナヤ・ロボ・ウォルフ博士の贈った金を基金とし、”人類の福祉への抜群の寄与”に対して贈られる。  農業、数学、物理、化学、医学、の5分野の業績に各十万ドルの賞金が贈られる。   1975年からクネセト(イスラエル国会)の特別法で運営されており、授賞式もクネセトで行われる。


ユダヤ人は科学の発展に尽くしただけでなく、経済大国日本がこの様な賞を一つも持たぬのに、 今回のレバノン作戦の戦費25億ドルが大問題となる程度の小国が、 第一級の科学費を提供している。
日本の経済発展は工業技術によるもだ。  その工業技術を支えたのは近代科学だ。  そして近代科学に最大の寄与をしたのはユダヤ人であった。

日本の新聞が、PLOに国連安保理事会決議242号、338号の受け入れを提言しなかったことを、私は恥ずかしく思う



後註:1985年に、日本賞が創設されて、4月に第一回授賞を、カチャルスキー・カツイール博士とジョン・ピアース博士に贈られた。
推進者の松下幸之助氏の意見で、賞金額がノーベル賞を超えないように設定されたのは立派な見識であった。




 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −
註記:「私の独り言{前置き[1]}:2005/4/21」に述べた理由で、このシリーズの記事を多数並べているが、これらの中で筆者として最もお読み戴きたいのは、次の2編です。
◎[11]私の独り言{明治生まれ:1979/5/26}[2005/7/6]
◎[9]私の独り言{血税の使い方:1978/4/5}:[2005/07/04]
 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  − −

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(独り言82)「ウオルフ賞」 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる