テーマ:裁判

2009秋の叙勲を見て

例年通り秋の叙勲が、11/3日付けで政府から発表された。 叙勲受章者4024人(うち女性318人)である。   最上位である大綬章が12人で今春よりも3人多いのが   目立つが、8月の衆院選を機に引退した議員が          対象になったためだという。 受賞は業績評価と言うよりも、経歴で自動的に決まるもの   と思っ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

「昭和の岩窟王事件」

1963年に再審無罪が決まった「昭和の岩窟王事件」は、私よりも若い世代の人たちは知らないだろうと思う。 私だっておぼろげに記憶しているが、岩窟王の名前が吉田さんだったことも、言われてみればそうだった、という程度の記憶である。 今回の同様な冤罪事件、「足利事件」の関係で、「岩窟王」事件の紹介が新聞にあり、    従来、私が全く承知し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日本の司法制度

福岡の3児死亡事件の 高裁判決が出た。 事故は2006年8月に福岡市の「海の中道大橋」で発生。 飲酒して運転していた被告の乗用車が追突し、被害車は橋の欄干を突き破って博多湾に転落し、幼児3人が死亡した飲酒運転追突事故である。 一審判決は「危険運転」と判断せず、    「業務上過失致死傷罪」として、懲役7年6月にとどめていたが…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more

四川地震と、耐震強度偽装問題

2008/6/14に日本で起きた、岩手・宮城内陸地震も震度6強という激震で、死者が10名、行方不明者12名の被災者を出し、がけ崩れなどの復旧手当ては困難を極めている。 しかし、その一ヵ月前5/12の、四川大地震は更に過酷であり、9万人近い死者・行方不明者を生じ、人的被害に大差があった。 四川大地震はM.7.8 で、(関東大震災の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

薬害エイズ事件の判決

産官学の構造的癒着が生んだ薬害事件では、 1983/7に、帝京大病院で血友病患者がエイズで死亡、 1989年に薬害HIV感染者からの賠償請求提訴があり、 1996年に検察側は東京地検が安部英・元帝京大副学長と松村明仁・元厚生省課長を逮捕、大阪地検は旧ミドリ十字の歴代3社長を逮捕した。 その後の永い訴訟の経過の中で、安部元副学…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

薬害肝炎救済法成立

2008/01/11に参議院本会議で、薬害C型肝炎被害者全員の一律救済を目指す、給付金支給法案が満場一致で採決された。 自己責任のない、この被害者達は本当に長い間の苦労を強いられて、気の毒であった。  このたび、一応の努力の成果が得られた事にお喜びを申上げる。 被害者には症状に応じて、1200万~4000万円が支給される事になる。…
トラックバック:11
コメント:1

続きを読むread more

「美しい国」を作るための提案(3)

「美しい国」を作るための提案(3)      法科万能100年の咎め、の修正(2) 前回も書いたように、わが国では、 一般の殺人事件では、一人殺しただけでは絶対に死刑にならないし、交通事故で人を殺した場合の刑罰は、何人の死者を出しても、懲役は5年以下、である。 若しも、たとえ一人でも死者を出すような事故を起こせば、自分も死刑…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

「美しい国」を作るための提案(2)

「美しい国」を作るための提案(2)     法科万能100年の咎め(1) 最初に、今回のエントリーの結論を纏めて置く。 150年前の開国・明治維新の流れの中で、法系の学問を大切にすることが、求められた。 その流れの中で「法科万能」の官僚システムが出来て、役人になって偉くなり、上の地位に付く為の必要にして充分な条件は、「法科」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「美しい国」を作るための提案:(1)

「美しい国」を作るための提案:(1)    ★何故、交通事故は無くならないのか ▲あまりの交通事故多発で、2001年に危険運転致死傷罪(懲役20年以下)が新設されたが、実効は無く、悪質運転への抑止力にならなかった。 酒酔い運転で、多数の児童が死傷したり、空を見ていた大型トレーラー車の脇見運転などでぶつけられたマイクロバスの…
トラックバック:7
コメント:1

続きを読むread more

感度の有無(7):小泉内閣

★多くのブログ記事は、極く最近の諸問題をテーマに扱い、政治、経済、芸能、何でも、2週間もすると話題が移る。 安倍内閣が発足し、施政方針の国会審議も始まった今、前内閣の実績の評価などは、関心を持たれなくなる。   私は、こうした健忘症が、日本の社会を悪くしている主要な原因だ、と捉えている。 我々の仲間の記事は、 30年前の文章をそ…
トラックバック:10
コメント:4

続きを読むread more

国会証人喚問を見て思う(2)

前回は、法律関係者と私との「価値観」の相違を書いた。  続いて今回は、彼らと私との「仕事観」の相違に就いて述べたい。 我国では有力官僚の殆どは、法学部の卒業生であり、政治家もそれが多い。 ここで私が、法律関係者という言葉を用いる時には、裁判官・弁護士とは限らずに、広い意味で読んで頂きたい。 我国の法律専門家の中には、 自分の仕…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

耐震強度偽装問題(続)

前の記事「★[耐震強度偽装問題」に書き、 私が主張したことの練習問題の様な出来事が、新聞に報じられた。 ★1月8日の長崎県大村市の、7人が死亡した火災で、 火災発生の第一報を受けた消防署が、「虚報かも知れない」と再確認を求めたため、 出動までに2分以上の時間を余分に要した。 実はその二日前に、同消防署に嘘の通報があって無駄…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

道路交通事故多発の原因

★、「耐震強度偽装問題」発生の根源は、「①法科万能の咎め」と、「②マスコミのレベルダウン」、にあり、 そして、 戦後の日本社会がこれだけ粗雑になり、凶悪犯罪が増え、人心の暖かさが失なわれてきたのも、 それが原因であると私は考えることを、 前回の記事で陳べた。 数百人もの人にに対する殺人未遂を犯せば死刑にするのが当然、 と私は考える…
トラックバック:11
コメント:2

続きを読むread more

(独り言46)入試問題漏洩事件

入試問題漏洩事件                 80.4.12 ★ わが国で電力事業が始まって間もない頃、有名な”盗電裁判”というのがあった。 受電契約を結んでない男が、電力会社の送電線から自宅に電線を接続して盗電した、と訴えられた。 男は「自分は電気は盗んだが、電気は財物ではない。 自分は法律の条項にふれることはしていない…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

(独り言32)大学と社会

大学と社会                     79.4.21 ★ 下級裁判の判決には、ときに世間の常識を外れたものがある。 「ひき逃げ行為は無罪」判決などというのもあった。 何びとも自己の不利益になることは供述しなくてよい。 これは憲法に保護された権利だから、人を車でひたからといって、警察に届ける義務は無い、というので…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

(独り言31)内申書裁判

内申書裁判                    79.4.14 推薦状というものの受け取り方に、日本と米国では大差がある。 犬はドッグであり、本はブックであるが、推薦状はレター・オブ・リコメンデーションではない。 ★ 日本では、単に知人に頼まれたとか、自分の学校の卒業生だというだけで、顔も知らないのに推薦状を書く。 受…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more