地震関連ブログ記事のリスト

今回の地震・津波・原発、に関連する内容の、
  友人たちのブログ記事を、公開日付順に並べた
  リストを作った。 後日の参照の便宜のためである。

[2011/1/23]:阪神大震災16年:★[C-242]
      : 及び、この記事への、 HT氏のコメント
                     仁術と算術氏のTB

 (内容) 阪神地震の5年前のルソン島地震の新聞記事に、
   日本でも同様な地震の可能性がある警告文、があり、
      切抜いておいたのを、阪神震災発生後にも
      忘却していたことに、最近気付いた話。
   しかも、このブログの公開の一月半の後に
   今回の地震が起きた。 村山首相の責任追及
      の放置と、Y君の立派さ、の話も。 

[2011/3/13]: 東北地方・太平洋沖地震:★[A-128]
          :及びこの記事への、仁術と算術氏のTB
(内容)阪神大震災(1995)、宝永地震(1707)、濃尾地震(1891)、
    三陸地震(1896)、関東大震災 (1923)、南海地震(1946)、
    福井地震(1948)、フィリッピン地震(1990)、のデータ

[2011/3/15]: 東日本巨大地震の日:★[C-245]
           :及びこの記事への、仁術と算術氏と、
                      携帯ミラー氏のTB
 (内容)  今回の地震の、当日の体験談
           この記事へのMarik氏のコメントも、同様

[2011/3/17]: 福島原発の事故処理:★[B-150]
          :及びこの記事への、仁術と算術氏のTB
 (内容) 福島原発の事故は、従来の常識を超えている。
      対応も従来の常識を超えた対応が必要。
   山道を運転して降りてくる時に、車のブレーキが
        利かなくなったような事態、との自覚が欠如。
   昨日来、福島で行われている原子炉対策を
        テレビ報道で見ていて、心配だ。
   若しも私が責任者ならば、あの日の内に原子炉建屋の
     天井に穴を明けて、発生する水素を逃がしていた。
   現実は、次々と建屋は水素爆発で吹っ飛んで、
        惨憺たる焼け跡になった。
   炉心や、使用済み核燃料保存場などで、放水車で
        給水する計画が、進行している模様だが、
   その機械的衝撃で燃料被覆管が破損して
   内容物の核燃料が四散する心配が無いか、心配。
   現場の担当者の検討した内容に
        この問題が考慮されていたかどうかは、
   テレビ報道では、全く分らない。 本当に不安。 

[2011/3/19]:東北大震災と医師会:★[L-73]
 (内容) 最も許し難いのは、日本医師会である。
   善意のボランテイア活動とか、地方自治体の
     動きがいろいろな形で報じられるなかで、
   日本医師会が、然るべき組織的救援活動を
     したという話は、全く聞かない。
   真っ先に動くべき職能を持った組織が、
   災害発生後一週間を経過しても何の動きも無い。
   この組織は、金儲けの集団に過ぎない
   ということを示している。 他の職業人と比較して
   破格の優遇税制や  社会的処遇を受けてきたのに

[2011/3/21]: 放射線関係の物理量単位:★[A-129]
 (内容)  放射能の単位、放射線の強さ(Gy,Sv)、と
     線量の単位、放射線関係安全基準、参考値、

     の解説

[2011/3/21]: 福島原発の事故処理(続):★[B-151]
 (内容)  前回記事に、若しも私が責任者ならば{中略}、
   と書いた。 でも現在になって考えると、現実に
      生じた流れの方が良かったかもしれない。
      人生には、この様なことが起こる。{中略}。 
   とは言うものの、社会全体でいろいろと奇妙な
   ことが起こっている。  菅首相が自衛隊ヘリ
   に乗って視察に行った、なんてのは、言語道断。
   最高指導者は、首相官邸を一歩も出ずに、
   現実問題の処理に専念すべきである。
   国の安全基準の1ミリシーベルトの100倍を
   浴びても、毎日煙草を吸うよりも危険は少ない。
   それを、マイクロシーベルトの数字を細かに報道し、
   深刻そうな顔をして議論するテレビ人種の
   不勉強さというか、理系センスの欠如
   現在の我が国の最大の危険因子だと思う。
   古代ギリシャやローマの、没落の時代に
      生まれ合わせた人達の気持ちが分かる。


[2011/3/27]: 東日本大震災と菅内閣:▲[L-74]
 (内容)   時間が問題なのだ。 
   現地で一日中を空腹と寒さに耐えて過ごす
   被害者のことが分かっていない
   菅直人首相のやり方は全てこの流儀である。
   災害発生の直後にヘリコプターに乗って
   福島の原発を見に行ったり、20日の
   防衛大学校(横須賀市)の卒業式に出席で
   時間を使っているのは、全く余計なこと。
   総指揮官は首相官邸に閉じ籠って、現場との
    連絡に即座に対応していなければいけない。
   蓮舫を節電啓発担当大臣に任命し、
   辻本清美を災害ボランテイア担当首相補佐官
       に任命する、などの措置も無神経。
   第一線で現在働いている、自衛隊員、
    消防署員の気持ちも、全く理解できていない。
   福島第1原子力発電所で修理作業中に
   被ばく事故を生じた作業員は、東電社員でなく
   三次下請けの社員だった。

[2011/3/30]:巨大地震と第3の維新(1):★[C-246]
 (内容) 昨年のGDPで、日本は中国に抜かれて世界第3位
   の経済国になった。 なぜ日本は中国に抜かれたのか。
   マスコミは、中国の国内事情の議論ばかりするが、
   抜かれた日本の側の問題の方が大きい

   1945の終戦以後に溜まってきた全てのゴミが、
   最近になって一斉に腐敗の悪臭を噴出したのだ。
   政治家、官僚の質の悪さ、経済人、法曹界、
   メデイアの無見識、半世紀前には考えられなかった
   人的資源の劣化が今日の日本社会を駄目にした。

[2011/3/30]: 巨大地震と第3の維新(2):★[C-247]
           :及びこの記事への、日日是生日氏TBと、
                        痩せ蛙氏のコメント
 (内容)  菅直人は2006年1月放送の『朝まで生テレビ』
   の中で、大宅壮一の、「テレビは一億総白痴化装置
   という言説を引用して、
      これを「見事に言い当てている」と肯定した。
   司会の田原総一郎が「(国民は)白痴に
       なったかね?」、と確認すると、
      「なった」、 「言い当ててる」、と返答。

[2011/4/6] : 福島原発の事故処理(3):★[B-152]
 (内容)  週刊文春4/7号を見て、嬉しくなった。 テレビ、
   新聞を見て腹を立てていたが、この週刊誌には
   未だ往年のジャーナリストの精神が活きていた
   但し、その記事の主張には賛成できない部分がある。
   「暫定規制値」の話(池上彰)で、
   理科系と文科系の、発想の差の話、がある。
   この点について述べている。

[2011/4/6] : 巨大地震と第3の維新(3):★[C-248]
         :及びこの記事への、 日日是生日氏のTB
  (内容) 原発問題で、監督官庁からテレビに毎日
    何回も同一人物が出てきて、原発の話をする
    ようになったが、経産省原子力安全保安院の
    トップで、東大法学部を卒業して、官僚に
          なった男である。
   官僚の出世コースの2,3年の腰掛けポスト
    原子力監督官庁にいるのだから、専門知識など
    皆無で、発言の用語さえ無茶苦茶なのは当然。
   4月7日号の週刊文春、週刊新潮に、この
   3週間の政治家、官僚どもの無能さ、無見識さ
   を咎める記事が沢山掲載された。
   が、週刊誌が此処まで暴露した後の今日現在でも、
   テレビ、特にNHKは、そのような報道は皆無
   ここに日本の病弊がある。

 ★ ★ ★ ★ ★ 補足(6/16) ★ ★ ★ ★ ★

[2011/4/17]:放射線関係の物理量単位(続):★[A-131]
[2011/4/22]:「科学技術過信」ではない:★[C-250]
[2011/4/24]:高校寮歌「春寂寥」(続):  ★[L-75]
[2011/5/7] :放射能汚染と病院の不徳義:★[L-76]
[2011/5/12]: 地震と台風の思い出話:  ★[A-132]
[2011/5/15] :「科技過信」ではない(続) :★[C-251]
[2011/5/24]: 原発謝罪の歴史       :★[B-154]
[2011/5/26]:再度、“文系と理系”     :★[B-155]
[2011/5/30]:週刊誌の健闘         :★[L-77]
[2011/6/7]:私が総理ならば         :★[A-133]
[2011/6/12] :「官僚の弊害」を許したのは誰:★[C-253]
[2011/6/16]:裁判所と原発          :★[B-156]
[2011/8/24]:原発事故の対応に驚く    :★[B-159]


 ★ ★ ★ 今回のモノでない地震関連資料 ★ ★ ★

[2007/09/01] 常識の変遷(5a) 力武常次  :★[B-61]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 放射線関係の物理量単位(続)

    Excerpt: 食品に定めた暫定基準値が、野菜、穀類、肉類については数百Bq(ベクレル)/kg、だが、数理的理解や表現が、枝野官房長官には無理だったことが、産地農民の無用な被害を産んで、気の毒な事態を生じた。 我々は.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2011-04-19 02:52
  • 「東日本大震災と菅内閣 」についての再UP

    Excerpt: 「東日本大震災と菅内閣 」について Weblog: *自由の翼*ITUKYUU racked: 2011-05-01 07:04