NHKと小泉元首相

9/26の朝のことである。  毎日新聞には、前夜引退を表明した小泉元首相の記事が載っていた。   そしてNHKテレビでは、「生活ホット」という番組に今日のゲストの五木寛之を迎えていた。

毎日新聞に紹介された飯島勲氏の談話:
  『 「小泉氏は(サプライズを生む)魔法のつえをなくしてしまった。
  次期衆院選で小泉氏が応援しても小泉チルドレンは負けるだろう」
     と飯島氏が周辺に語った』

は、読んでいて、その通りだろうなあ、良かったなあ、と思ったが、この記事は
その日のうちに取消されて、飯島氏はこの件で毎日新聞を告訴するという。


「生活ホット」の番組では毎度お馴染みの、男女二人の大馬鹿アナウンサーが、いつもながらの大馬鹿ぶりを披露していた。
この番組には優れたゲストがしばしば登場し、内容の豊かな話をする。
が、基本的な日本語の単語の意味も知らなければ、そのアクセントも出鱈目な、この二人の馬鹿が、あの頭脳では判りもしないことを、
分った様な顔つきで発言をするのが、毎度不愉快
である。

この日も、五木寛之氏に向かって、
貴方は、作詞もなさるのですね」
   と言ったのには,呆れ返ってしまった。


 一体、ゲストがどの様な人物かも知らないで、日本中に放送される画面で対談する神経は、 ・ ・ 凄い、としか言えない。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

そこで思い出したのが、少し前の佐久間ブログの記事:

  「教員も、毎日新聞も、NHKも、同根」

の指摘である。    あの記事に書いてある通り、
   小泉も「二世に地盤を譲る」というから、今後もそのままだろう。
既に現職時代に公約違反を指摘されて、
   「公約を破るなんてことは大したことではない」

と開き直った実績 、 も有ったが、
今回のこの一事を見ても判るとおり、小泉という男は実に恥知らずだ。


一見立派そうな事、を言って大衆をたぶらかし、
 愚民の票を集めて、チルドレンなんていう
     子供以下のバカ共を代議士に仕立て、
 良識ある代議士には刺客を差向けて

日本社会を目茶目茶にしたのが小泉であった。



 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

だが、悪人が自分の危険を掛けて行なう悪事よりも、
  自分は安全地帯に居て、それを囃す無責任な連中
             に、私は腹が立つ。

あの時に、小泉劇場の呼び込み役をして手助けしたのがマスコミであった。
青島とかノックとかの芸能人知事を当選させるのに、
   衆愚の票を集めて、協力したのも、テレビなどのマスコミであった。
そしてマトモな良識を持つ人々に無力感を植え付けたのだ。

昔、美濃部知事の、
「唯一人でも反対者がいる間はゴミ焼却場を作りません」、
という格好良さ(?)で、杉並区がゴミの山で埋まりそうになったが、
それをサポートしたのがマスコミであった。

良識派社会人はそれに悩んだが、マスコミに操られる大衆は、
その格好良さに入れた己の一票のツケが、目の前のゴミの山になっているという因果関係

を、理解できないで居た。



小泉劇場のときも、美濃部スマイルと同様である。
マスコミに操られて小泉の格好良さに入れた己の一票のツケが、
   自分の老人医療の破壊になっている、という因果関係

、に、大衆が気付くのには、3年掛かった。

小泉も、美濃部やノックと同様に、
あと十年も経てば、そんな奴が居たかとも記憶されない存在
だろうが、こういう手合いを選ぶのが(日本型)民主主義社会なのだから、仕方ない。

五木寛之氏に向かって、「貴方は、作詞もなさるのですね」と言うアナウンサーを、臆面も無く画面に出し続けるNHKに聴視料を支払うのが、
日本の社会の掟である。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


何十年間無事故の人間にも運転免許証を三年に一度更新させるのに、
採血器具の使い回しを平気でやっている数万人の医師に対しては、
  一度授与した医師免許の更新は無しに放置するのが、
日本の社会の掟である。


これら不条理の裏側には、医師会や警察OB会の圧力団体が存在するのは、皆が知っているが、それを修正するのが仕事の、政治家、官僚、やマスコミにはその気が無い。
「ドイツ、フランス、などのように、運転免許は生涯有効にすべき」、と何度も主張を繰り返していたヤンデンマンが既に亡くなっているから、今後とも、このままである。

良識派に出来る事は、盛り場を牛耳るヤクザさんにはショバ代を払い、NHKには聴視料を払い、何とか穏便に早くこの世を終えて、この次に生まれてくる時には、この国に生まれないように神様に祈る事だけである。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

       補注:


この記事に付いて頂いたメールを見て、東京の住人でも、
   上記の美濃部知事の作り出した世田谷ゴミ戦争を記憶していない人が多いのには驚いた。
尤も、日本が米国と戦争したことを知らない日本人が38%いる
   というのだから、不思議は無いかもしれないが。

ともかく、世田谷ゴミ戦争を(成田の様にせずに)解決して、
世田谷区民と江東区民の生活環境を救ったのは、
高津環高裁判事であった。


私は同郷、同村の先輩である高津氏が、
   小泉・美濃部型の著名度は無かったけれど、
政治家も知事も官僚も手を出せなかった難問を処理して
   東京を救った事に大変誇りを持つ。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 参考まで、仲間の書いた、NHK関連記事のリスト、を挙げる:

   ▲[A-97] どうしても直らないNHK
   ▲[A-76] NHK問題{正月の感想(2)・続}
   ▲[A-75] NHK問題{正月の感想(2)}
   ▲[A-25] 朝ドラ「きらり」を見て
   ▲[A-2] 海老ジョンイルだけでないNHKの体質
   ▲[A-1][05/03/8] フジ子ヘミングの記事を見て

佐久間:
   ▲[B-83] 教員も、毎日新聞も、NHKも、同根
   ▲[B-74] またまた、NHKの問題
   ▲[B-63] :文化と常識の変遷(5c) マスコミと日本滅亡
   ▲[B-65] またもNHKの問題
   ▲[B-55] : 交通違反の話
   ▲[B-50] 「きらり」を見終わって
   ▲[B-38] :ブログ開設一年を振返り、{5}暫定メモ
   ▲[B-37] ブログ開設一年を振返り、{4}NHK問題:(2)
   ▲[B-34] ブログ開設一年を振返り{3}、NHK問題:(1)
   ▲[B-31] 「ホージンノススメ」へのコメント 
   ▲[B-26] 性悪説論者の弁(3)
   ▲[B-8] :「日本海海戦100周年」に就いて
   ▲[B-6] 福知山線・列車事故の原因①
   ▲[B-3] : 「NHKの体質」
   ▲[B-2] 「NHKらしさ」

キャズ:
   ▲[C-127] 感度の有無(1)・きらり
   ▲[C-111] 耐震強度偽装問題
   ▲[C-64] : 「技術者の倫理」
   ▲[C-47] 「トラと評論家」

晩秋:
   ▲[L-34] ” NHKの無見識

この記事へのコメント

Alps
2008年09月29日 08:18
前にも書いたことがあるが、小泉の改革改革と絶叫する姿に拍手を送っていたマスコミや民衆に危惧の念を抱いた事がある。「何をどのように改革するのか、その結果はどうなるのか、そのために国民の払わなければならない代償はどうなのか等」全くはっきりさせないままに恰好よさだけに踊る姿に危惧を感じたから。
金の掛らない選挙と言われる。選挙違反があると誰も声高に罵る。ところが私も過去に選挙運動に加わったことが何回かあるが、集まりに行くと「何本持ってきた?」と言う。要求するのだ。これでは金がかかるのが当たり前で、こんな連中が他人の選挙違反を威丈高に罵る資格があるかといつも思ったものだ。
変人キャズ
2008年09月30日 15:54
Alpsさんのコメントに同感すると共に、コメント前半の部分:小泉の絶叫に民衆やマスコミが拍手を送っていた時点で危惧を感じていた先見性に敬意を表します。
その先見性は、永田鉄山、栗林忠道、更に遡れば佐久間象山以来の郷里の先輩以来の地域性もあると思いますが、自分で良く知る人物として高津判事の業績を、このエントリーに補注として書き足しました。
記事の本筋からは脱線するが、仕方有りません。

この記事へのトラックバック

  • 若林亜紀氏の記事

    Excerpt: 週刊新潮:2006/4/27号に、若林亜紀氏の書いた文科省批判の記事が載っている。  私はこれを読んで、大層嬉しく思った。 理由は二つ有る。 Weblog: 変人キャズ racked: 2008-10-04 03:57
  • 鳩山総務相の辞任

    Excerpt: 2009/6/12に鳩山邦夫総務相が辞任した。 実は、この日まで、私は鳩山総務相に相当な好意を持ってマスコミ報道を見ていた。 勿論鳩山氏に面識もないし、具体的な人柄などは何一つ知らないのだが、 .. Weblog: 変人キャズ racked: 2009-06-14 08:20
  • 「渚にて」、を再見して

    Excerpt: 1959年に製作され、話題となった名画、「渚にて」、が昨日TVで放映され、60年ぶりで見た。 当時これを見て大層感銘を受けたことと共に、その数年後に初めてサンフランシスコを訪れて金門橋を見に行ったと.. Weblog: 変人キャズ racked: 2009-08-01 07:14
  • どうしても直らないNHK

    Excerpt: Alpsさんのブログ:   ▲富士山静岡空港 を読んで、富士山静岡空港の開港となった経緯を初めて知った。 責任者である石川知事の辞職と引き換えに、地権者が立木を除去することで、富士山静岡空港の開港.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2009-11-22 02:29
  • NHK批判への注釈

    Excerpt: 本日・旧海軍記念日に、佐久間先輩のブログに、エントリーがあった:    ▲  海軍記念日に、NHKの反省を望む:[B-119]:[2010/5/27] Weblog: 変人キャズ racked: 2010-05-27 22:03
  • 亡国政治家の系譜(2)

    Excerpt: 小泉純一郎については、仲間たちもいろいろ書いてきたので(脚注、参照)、 これ以上取り上げないことにして、その協力者である竹中平蔵について書く。   少し古いが、2009/1/29の週刊誌に、「竹中.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-07-17 12:50
  • 「科学技術過信」ではない(続)

    Excerpt: 地震学者、東大助教授の今村明恒(1870-1948)は   関東大震災や東南海地震を警告したことで知られる。 Weblog: 変人キャズ racked: 2011-05-15 14:57