(独り言14)「不確定性原理」

(独り言14)不確定性原理              78.5.17

 大学で製図を教わった先生は、非常に緻密な方であった。
ある日、何やら鉄製の機械を教室に持って来て、その図面を作るように命じた上で、次のように付け足された。
 「この機械の重量は4.3キログラムあって結構重いです。
 取扱いに注意してください。
もし誤って足の上に落とすと、ケガをしますから。
 でも、靴をはいている方は、靴が足を保護するから大丈夫です。
 但し、その靴が皮革製でなくて布製で弱い場合には、やっぱり負傷するでしょう。
 革靴の場合でも、革の厚さが ・ ・ …。
 機械が足を直撃しなくとも ・ …」



 何しろ20年余りも昔のことで、しかも悪友共と何度も再演したものだから、本当に先生の云ったことと、学生が面白がって追加した部分が、今となっては混合している。
 が、随分、しつこかったのだけは、確かである。

 この先生の話は、起こり得る全ての場合を正確に記述しており、
  何も間違ったことは云ってない。 にも拘わらず、やはり何かおかしい。
  学生は”安全に”という先生の意図よりも、他のことに専ら注意をひかれてしまった

 このような例はよくある。


「正確さ」を追求すると「分り易さ」が失われ、
分り易く話すと、どうも不正確になる。



 物理学に不確定性原理という命題がある。
たとえば、ある電子の「位置」を正確に知ろうとすると、
   その「速度」の情報は不正確になり、その逆も成り立つ。

両方とも正確に知ることは、不可能である。
 これは原理的な制約であって、両者の不正確さ加減の積は一定値になる、ことが証明できる。

同様な相補的制約関係は、「時間」と「エネルギー」とか、
  その他にも幾組もの物理量の組み合わせについて成り立つ。

2つの量の正確さを同時に追求することができぬ以上は、
 誤差の大きさを、両者にどれだけずつの分担で受け持たせるかの判断が、物理学、とくに実験では要求される。


 世の中のこと全般に、同様な事情がありそうだ

話の「わかり易さ」と「正確さ」を引き合いに出したが、他にもいろいろあろう。
 交通の「安全」、と「効率」、もそうだ。

赤色点滅の信号を都内で見かけなくなった。
 深夜猫の子一匹通らぬ交差点で、車が信号待ちするロスが、安全追求の結果生じたのならば、その判断は妥当といえようか。


 弁護士が被告とグルになって、裁判を放棄すれば、
   殺人の事実が明白でも、何年たっても判決は出ない。
 「法」と「常識」も一つのとり合わせだろう。


「文明の利便」と「精神の荒廃」はどうか。
 不況で就職難になってから、タクシーの運転手やレストランの女の子の対応が丁寧になったのを見ると、
「失業率」と「就職意識」も組み合わせで、ある程度の失業率を残すのが、健全な、望ましい社会なのかも知れない。

 ゴミの問題で、世田谷区民との話し合いを尊重する結果、江東の公害が解決されないのなら、「民主手続き」、と、「社会正義」、も…。


 再びわかり易さの話に戻ろう。
ゴミの話のように、政治理念がわかり難くなると、粗削りでもわかり易い政治が懐かしく思えてくる。
「貧乏人は麦めしを食え」。などというものあった。
  

この記事へのコメント

2007年06月13日 10:38
変人キャズ様 
(独り言14)「不確定性原理」をTBして頂き、有難うございました。
貴殿のご意見のように、「『正確さ』を追求すると『分かり易さ』が失われる」という考え方が成立する状況というのが、確かに通常の状態であると思います。しかし、この状態は、情報の受領者側の状況によっても左右されると思います。情報の受領者によっては、情報の正確度が高くないとその情報は分かり易くないという人もいるかもしれません。すなわち情報を受け取る側が、その情報をどれ位正確に知りたいか否かによって、受け取った情報は有効にも、無効にもなり得るはずです。すなわち、「『正確さ』を追求した方が『分かり易さ』が増す」場合がありうるということです。
2007年06月13日 10:39
したがって「『正確さ』を追求すると『分かり易さ』が失われる」という命題には、その裏に「情報の受領者がそれ程情報の厳密性(あるいは正確さ)を要求しない場合には」という制約条件が隠されていることになります。つまり『正確さ』と『分かり易さ』の関係は、相手によって変わることを考慮せねばならないということです。
なお、以上に申し上げましたことは、貴殿の御主張に異議があるということではありませんことを、ご理解ください。

この記事へのトラックバック

  • 耐震強度偽装問題

    Excerpt: 体調の関係で少し遅くなったが、12/14 の耐震強度偽装問題の証人喚問をTVで見た時の感想を述べたい。 Weblog: 変人キャズ racked: 2005-12-23 21:32
  • 「(独り言14)「不確定性原理」」について

    Excerpt: 「(独り言14)「不確定性原理」」について 変人]キャズ様 小生の記事 ”性悪説論者の弁(4)」について”に貴記事”(独り言14)「不確定性原理」”TBして頂き、有難うございました。貴殿の「不確定.. Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2007-06-15 11:30
  • 放射線関係の物理量単位(続)

    Excerpt: 食品に定めた暫定基準値が、野菜、穀類、肉類については数百Bq(ベクレル)/kg、だが、数理的理解や表現が、枝野官房長官には無理だったことが、産地農民の無用な被害を産んで、気の毒な事態を生じた。 我々は.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2011-04-29 03:41
  • 再度、“文系と理系”

    Excerpt: ▲ 福島原発の事故処理(3):[B-152] に述べた文系と理系の問題は、私の主観ということでなく、    誰の目にも明らかな型で、表面化してきたのには、    私自身が驚いた。 Weblog: 佐久間象川 racked: 2011-05-27 04:12
  • 年頭のご挨拶

    Excerpt: 辰年の新年を迎えて一週間経った。 我々の仲間には、父子ともに「九紫火星の辰年」に生まれた、   幸運な家族が一組いる。 この干支の生年の人は易断で   「願いて叶わざること無し」、という強運が予言され.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2012-01-11 17:53
  • 年頭のご挨拶

    Excerpt: 辰年の新年を迎えて一週間経った。 我々の仲間には、父子ともに「九紫火星の辰年」に生まれた、   幸運な家族が一組いる。 この干支の生年の人は易断で   「願いて叶わざること無し」、という強運が予言され.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2012-01-11 17:54
  • 「モノを伝える」こと

    Excerpt: 東京電力福島第1原発事故を検証する国会の事故調査委員会    (委員長=黒川清・元日本学術会議会長)は5月27日、    事故当時官房長官だった枝野幸男経済産業相を招致し、    公開で聴取した.. Weblog: 変人キャズ racked: 2012-05-28 04:23