変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 体罰問題とアルジェリア事件

<<   作成日時 : 2013/01/29 04:10   >>

トラックバック 2 / コメント 1

2012年末から2013年初にかけての大きな話題は、
大阪市立桜宮高の事件と、アルジェリアのテロ事件
であった。

、.
メデイアを通じて知る以外の情報を何も持ち合わせない立場だが、それでも、真相はこうだろうと思いながら事件の流れを気にして過ごした一か月であった。
文字で書けば全く同一の言葉を聞いても、それを口にしている人間が誰かによって受け取り方は大層違う場合がある。
自身は直接の情報を持たないけれども、今回の事件でも
報道はあのような伝え方をしているが、現実はこうであったろう、
       と感じたこともいろいろとあった。
これらの情報のメモを残しておきたい。 私自身の感想でなく、報道されたままの字句、文面が主体である。

★ ★ ★ 「自分の影響で人を変えられる」のか ★ ★ ★

●桜宮高の男子生徒が体罰で自殺し2013年度の体育系学科の入試が中止となった問題を巡り、マスコミ報道に連日怒り続ける橋下徹市長
今度は作家・曽野綾子氏にかみついた。{J-CASTニュース1月24日}

★曽野氏が新聞コラムに、「(橋下市長には)人を変えられるという思い込みがある」、と書いたのに対し、
  市長は、「ひねくれ者の曽野綾子氏」、とツイート。  国の教育再生実行会議のメンバーである曽野氏に向け「思い込みがない者は教育から去れ」、と迫っている。
★曽野氏のコラムは、産経新聞に毎週水曜に連載している「透明な歳月の光」だ。
  2013年1月23日は「体罰と人間観」というタイトルで、体罰を振るった桜宮高校のバスケットボール部顧問と体育系学科の入試中止方針を打ち出した橋下市長について書いた。
★文章の中で、曽野氏はまず、「(顧問教諭は)かなりの年になっても、世の中のこと、人間というものが、よくわかっていない」、と断じる。
  続いて、同校の入試中止や体育系の全教諭異動について「絶対に譲れない」と固執する橋下氏に触れ、「驚くのは、顧問といい市長といい、自分の影響で人を変えられるという信念に満ちていることだ」、と指摘する。
★曽野氏は、@人を改変する力は多分に偶然によるもの、A人は同じ外的刺激を受けても予測されるのと同じ結果は生まない——と持論を展開し、
  「人間を信じている2人の男性のこの闘いは、当節珍しい見もの」、「人間を知る人が、必ずしも人を信じている人にはならない」、と記す。
★一方、橋下市長は1月23日夜、曽野氏批判をツイッター上で展開する。(橋下市長は12年10月末にも同じコラムで「謙虚さがない」などと同氏から指弾されていた)
★市長はコラムを、「ひねくれた正義の典型例」「洞察力の薄い、薄っぺらな正義」、と評した上で、「曽野氏は浅いね。桜宮高校の一連の問題を何も掴んでいない」、と切って捨てた。
★続いて、「桜宮高校は変わらなければならないが、学校を変える当事者は教員や生徒や保護者であり、変えるための制度設計は教育委員会がすべきだ。 僕が変えられるわけがない」、と記した。
★さらに橋下市長は、政府の「教育再生実行会議」のメンバーに曽野氏が加わっていることにも矛先を向ける。
「(教育で)人は変えられると思っていないなら、教育再生会議のメンバーを辞めるべきだ」、「教育の場から去って欲しいね」、そうツイートし、翌24日午前にも同様の曽野氏批判のツイートを2本投稿。

     ★ ★ ネット上の感想コメント ★ ★ 

▲「曽野氏は一連の経緯を知らずに書いてるな」、などの橋下氏擁護の声もあるが、
▲「この程度のコラムで、なんでこんなに怒るの」、
▲「読解力のある大人なら、理は曽野氏にあることは一目瞭然」、
▲「人としての品性が違いすぎる」、
▲「橋下は理性も知性も感じられない反論をする
     といった曽野氏支持・橋下批判、 も多かった。

     ★ ★ ★ ★ ★

●橋下徹・大阪市長がツイッターで
   「とくダネ!」(フジテレビ系)のメーンキャスターを務める小倉智昭氏を批判した。{2013/1/26}

小倉氏は番組で、一貫して桜宮高校の体育系の入試中止の方針に反対する発言をしている。
  これに橋下市長は「桜宮高校の実態を知らずに、受験生のことを考えるべきと主張するのは間違い」と。
★ 「とくダネ!」ではほぼ毎回、桜宮高で起きた体罰問題や生徒の自殺、それに伴う入試の中止について報じている。 2013年1月18日の放送では、市長が体育系2科の入試中止と教員、運動部顧問の全員交代を主張し、大阪市教育委員会がこれを認めなければ給与など人件費の予算を執行しないと発言したことを取り上げた。 
小倉氏は、「市長の発言が過激で、極論と受け取れる部分もある」、「入試中止し、教員を総入れ替えして、今後このような事件が起こらない保証がどこにあるのか」、「『長い人生いろいろあるんだから、体育学科が受験できないぐらいで、どうってことないよ』と言う権利は、市長にはないと思う」、 と述べた。
★入試中止を批判するマスコミに対して橋下市長が、「メディアが持っていない情報も、全て僕のところに上がってきている」、「上辺っつらの正義と、ひねくれた正義。共通するのは洞察力の浅い、薄っぺらな正義」と書いている。
   これに小倉氏は、「橋下市長が知らなくて報道が知っていることだって、結構あるよ」と。
★市教委は、体育系2科の入試を中止する代わりに普通科に振り替える決定を下したが、受験科目や配点は従来の体育系2科と同じで、入学後は体育に特色あるカリキュラムを組むという。
  これについても小倉氏は「橋下市長は、体育系学科が悪いという情報を持っているから入試中止にしたはずなのに、普通科として(同じような)試験をやるのはおかしいのではないか」、と。
★翌25日は、橋下市長が大阪府に高校体育科の定員を増やしてほしいと要請し、府と市の教育長、松井一郎知事を交えての協議を公開した内容を放送。 
  市教育長と橋下市長の主張が食い違う場面も流れた。
  小倉氏は「教育現場をどうするかという話し合いをガラス張りにするのがいいのか悪いのか、微妙」と、これまた賛同できかねるようだった。
一連の放送内容について橋下市長は、1月25日付のツイッターで、小倉氏を名指しして反論。 小倉氏は番組で「受験生のことを考えるべきだ」と主張し、入試中止に反対しているとしたうえで、「僕は受験生のことを一番考えて入試中止を教育委員会に要請した」、と説明。
  「僕のところに上がってきている情報からすると、とてもではないが受験生を迎え入れる状況にはない」というのが理由。
★さらに「小倉氏は桜宮高校の実態を知らないまま、受験のことだけを考えて発言し続けたのは間違い」と。
 その一方で「受験生を迎え入れる状況にない学校であれば、受験生を迎え入れてはいけない」、との考えを示した。
教育長との議論を公開した点については、「批判を受けてでも、格好悪い状況が明らかになっても、議論をそのままオープンにする」、と信念を貫く構えだ。
★1月25日時点で、小倉氏は「在校生や、これから桜宮高を目指す生徒のことをまず考えてあげるのが一番必要。そこがどうも納得いかないんですよね」と不満げな表情で話した。
  橋下市長はさらにツイッターで「小倉さん、受験生の今を考えるのか、受験生の未来を考えるのか」と投げかけた。

     ★ ★ ★ ★ ★

●Chikirinの日記:http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130127、よりの抜粋

アルジェリアで、イスラム過激派の事件。 事件発生からずっと、膨大な量の関連ニュースが流された。 
なんだけど、ちきりんは今ひとつこのニュースに関心がもてない。 もちろん、(中略)、いいかげんにしてほしい(→テロの人)とは思う。 でも、“報道”にはあんまり興味が湧かず、チャンネルもすぐ変えちゃうし、新聞記事も読む気がしない。 それってなんでなんだろと自分でも不思議だったので、ちょっと考えてみた。
一番の理由は「そんなこと議論しててもしゃーないでしょ」ということ。

テレビキャスターも政治家も、「今後、どうやって(中略)」とか、「緊急時に(中略)」などとまじめな顔で言ってるが、ああいう場所がどういう場所か、わかって言ってんのかな?? ぶっちゃけて言ってしまえば、あんなところで民間人の安全を守るといっても限界がある。 本気で確実に守りたいなら、プラント全体を米軍基地の中に作るくらいのことをしないと不可能でしょう。 「緊急時でも情報を迅速に手に入れる」って、砂漠の真ん中で銃撃戦が行われてるんだよ。いったいどうやって、誰が情報を取りに行けと?
今回だって、プラント運営側は相当の対策をとっていたはず。 それでも命も惜しくないような人たちが、戦争で使うような武器をもって突入してきたらどうしようもない。
日揮のほうは今回だって、(中略)、、だからといってそういう国から全面撤退したりしない。

その覚悟と使命感に対比して、あまりに呑気で適当な議論をしてるニュースをいまいち見る気がしないというのが、私がこれ関係のニュースに関心がもてない理由だと思います。

もうひとつ。大きく取りざたされてるのに見る気のしないニュースがあります。
大阪、桜宮高校の事件です。 その後、橋下大阪市長や教育委員会の意向で体育科の入試が中止されるのどうのということになり、騒ぎが続いています。
 このニュースもいまいち関心が持てず、「なんであたしはコレに興味がないの?」と考えてみました。
 ひとつはコレも「死者がでなかっただけで、教師による生徒への暴力は、もっとあっちこっちの学校で起こってるはず」と思われるのに、
報道はこの一件のみに注目し、「なんでこんなひどいことが!」みたいな話になってる、からだと思います。
一言で言えば、白々しいんです 
以前も、「教師の採用にコネが働いてる!」とか言ってメディアが大騒ぎしていてあきれたことがあります。(関連過去エントリ→ 「大分県教委の汚職事件に関するエントリ」)
教師の採用がコネだらけであることなんて、生徒さえ知ってる話でしょ。
なんでテレビキャスターが目を丸くして「教師がコネ採用なんていいんでしょうか!?」とか言ってるかな。と思えてね。
てか、自分自身テレビ局で働いてて、コネ採用の人に会ったことないの?? って感じです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
年始のメモ記事(1)
身辺整理のために思いも掛けない肉体労働の日日を過ごすこととなり、年頭所感の記事公開を一日延ばしにしているうちに2月に入ってしまった。 仲間達も多忙のようで、全員がブログの鳴りを潜めていたが、キャズ君がブログ更新をして、 ★[C-304][2013/01/29] 体罰問題とア... ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2013/02/01 04:28
衝撃の体験
年齢的に自分が老境に入っていることは、充分に承知   している筈だし、周囲の人が「御若い」と云う時には   「年齢の割には」の前置きが省かれていることも理解して   いる心算であったが、その「心算」がものの見事に   砕かれる経験をした。 入学、卒業、結婚、などと同等の、人生における一里塚   として記録を残して置かねばなるまい。 ...続きを見る
佐久間象川
2013/02/04 04:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
参考になりました。有り難うございました。
最近、娘に勧められてamazonのhdを使っています。
一々書斎のpcに向かわなくても、炬燵で見られるのが有り難い。
alps
2013/01/31 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
体罰問題とアルジェリア事件 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる