変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 因果

<<   作成日時 : 2010/02/23 21:03   >>

トラックバック 2 / コメント 0

2010/2/9の毎日新聞、発信箱欄に、“因果”という記事が載っていた。
 内容の概略は次のようである:

朝青竜の師匠は第7代高砂親方だが、
     第4代が”横綱前田山”だった。

1949年10月に大阪場所を病気を理由に途中休場し、帰京した前田山は
   その翌日に後楽園球場の日米野球を見に行った。
そこで米国チームの監督と握手している写真が新聞に載ったものだから、怒った相撲協会は出場停止にした。
横綱では初めての処分であり、前田山は引退届を出した。

その後、彼は相撲を海外に知らせようと渡米し、各地を回った。
ハワイでジェシー青年をスカウト、高見山に育て、後に続く、外国人力士の時代を開いた。
その新時代の中で最高の成績を残したのが、朝青竜である。

若しも前田山が後楽園球場に行かなかったら、朝青竜も生まれなかったかも
   と思うと、因果の微妙に思いが行く、というのが概要である。


人智を超えた、神の意思、とでもいうもの
を感じることについて、 今までに書いた私のブログ記事が幾つかある:

   ▲ 人生の確率計算 :[C-179]
   ▲不思議な体験:[C-177]
   ▲因縁?、仏縁?、分る事、分らぬ事:[C-149]
   ▲人類滅亡論[2]人知の限界 ◆超科学(2):[C-3]
   ▲人類滅亡論[1]人知の限界 ◆超科学(1):[C-2]
がある。 ピアニストの
   ▲昭和の青春(4)戸隠ブログを見て :[A-89]
も同類である。

晩秋氏の意見:▲ 弟子の養成(1)相撲界 :[L-45]:[10/2/10]
       には同感するが、
もう一つの見方として
       このような、「因果」というもの、も感じる。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログへの思い
私がブログを始めたのは2006年の春だったが、佐久間氏のグループの皆様はそれよりも一年前に一斉にお始めになったし、長野族ではAlps氏はそれよりも少し遅く、ittukyuu氏はそれよりも大分早い時期に、お始めになっていた。 ...続きを見る
晩秋
2010/03/03 03:45
65年間の回想(6)
今回の主題は、  「復讐するは、我にあり」、 である。    この言葉は、少し前の映画や小説の題名として、また    野村サッチーの発言として、現代の人々は記憶していると思うのだが、    私はその遥か前、1950年代から承知していた言葉である。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/06/01 03:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
因果 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる