変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育政策にモノ申す(2)

<<   作成日時 : 2009/10/15 07:23   >>

トラックバック 7 / コメント 0

参考までに、OECDのデータ(09年版)を紹介する。 毎日新聞(2009/9/26)の引用である。

日本の公的な教育支出は他のOECD諸国に比べて著しく乏しい。

日本では、全ての公的財源からの支出に占める、教育費の割合
   9.5%であって、27カ国中で最低である。  (OECD平均値は13.3%)、
国内総生産(GDP)比でも3.3%で、(OECD平均値:4.9%)、ワースト2位である。 

全ての教育支出に占める、私費の割合は33.3%であって、
   韓国に次いで二番目に高く、 特に高等教育段階では67.8%で、
            (OECD平均値:27.4%)と比べて際立つ。

その重い負担は家計を圧迫し、大学の初年度納付金の平均は131万円であり、
   自宅外通学者の家庭では、入学年度費用が年収の3分の1である。

昔は貧乏家庭の子弟は国立大学に行き、安い学費で勉学し、
国立に入学するだけの学力は無いが、家庭が裕福な者は金銭負担の多い私学に進んだ。
今は、過去30年間で国立大の授業料も15倍になったうえ、入試準備に費用が嵩むので、
ある程度恵まれた家庭環境の子弟でないと,国立大進学はあり得ない。

(小中高)段階でも、私費負担は10.1%であって、(OECD平均値:8.8%)と比べて高いのが、上記の家庭環境による国立大学入学者の別の原因でもある。

こうして、所得の高い家庭の子供は高学歴・高所得へ、所得の低い家庭ではその逆へ、という「階層の再生産」が行われている。

初頭中等教育段階で、日本は私立高校に通う生徒が約3割、
              東京都に限れば半数以上と、
欧米主要国(数%〜20%)に比べて多い一つの理由は、其処にある。
その様な社会意識のなかで、日本では高等教育全体の進学率は76%であって、(OECD平均値:71%)を上回るが、大学進学率は必ずしも高くなくて、OECD平均値を下回り、27カ国中18位である。
 それは短大、専門学校に進むケースが多いことによる。


非常に目立つのは、日本の高等教育機関の中退率が極めて低く、
   卒業率90%(OECD平均値:69%、米国:47%)と、トップである。
 これは、「入りさえすれば卒業できる」日本の高等教育機関
   の実態をよく表している。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教育政策にモノ申す(1)
我々の仲間の間で、民主党新内閣に期待する気持が非常に強いのは、仲間のブログを見て頂けば直ちに分かる。それにも拘わらず、新内閣の政策で疑問を覚えるのは、教育政策である。 本記事の末尾に挙げる通り、私は今までに約20本くらいの教育関連記事をこのブログに書いていて、この問題には関心が強い。 民主党が掲げるようにGDP比5%を目標に、公的教育支出を増すこと自身は異存が無い。  が、その前に、なすべきことがある、というのが私の主張である。 ...続きを見る
変人キャズ
2009/10/15 07:30
大学入試センター、の仕分け
30年前の回想(1): 大学入試センター、の仕分け ...続きを見る
変人キャズ
2010/04/08 21:23
大学生の学力(2)
前回の記事に見た様な大学生の質の低下、特に理系の    極端な低下があっては、既に以前のように   「資源に恵まれない土地柄だが、技術立国で社会を   成り立たせて行く」ことは出来ない。 電子産業も自動車も   世界における優位は過去の話となった。   しかも、政治家も官僚も人材が枯渇して、この非常事態の   認識が無いため、手を打とうとする動きが出てこないのを   危惧して、我々の仲間は以前から何度も、   ブログにそのことを書いてきた:   ▲[A-99]: 日本の非... ...続きを見る
変人キャズ
2012/02/26 07:09
大学設置認可問題
今月一日に文科省の大学設置・学校法人審議会(以後、設置審と略記)   が答申した3件の4年制大学の設置を、田中真紀子文部科学相が   不認可としたことが、メデイアでは大問題になっている。 ...続きを見る
変人キャズ
2012/11/07 11:59
信州大学の快挙(1)
今春、2013年の信州大学の入学式で、 旧制松本高等学校の寮歌「春寂寥」が演奏されたことが、    ▲旧制高校の寮歌(1):[L-112][13/7/12] に紹介されている。 同じ敗戦国でありながら、教育理念に関しては自国の意思を    曲げなかったドイツと比べて、唯々諾々と米国の意思    に従ってしまった、日本の戦後政治の最大の過失は、    旧制高校の廃止、であった。    人材の育成は国家成立の根幹であるのだから。 ▲  60年前の回想(10):[C-212][... ...続きを見る
変人キャズ
2013/07/15 14:47
旧制高校の話題(1)
旧制高等学校に関する特定の話題を記載、または引用してある記事を参照 する時の便宜のために、本記事を用意する。 私や晩秋君のブログを見た人 に教えられて、最近出た本「旧制高校・真のエリートの作り方」(喜多由浩著、 2013年7月25日、産経新聞出版)を知り、これを読んで、話題の豊富さ を見るに及んで、本記事のようなものを造って置く必要性を感じたからである。 以下では、旧制高等学校を(旧制高校)と略記する。 旧制高校に関する本としては、「旧制高校物語」(秦郁彦著、文春新書、2003... ...続きを見る
変人キャズ
2013/08/08 18:25
旧制高校の話題(2)
引用記事目録 ◎旧制高校に関する本: 「旧制高校・真のエリートの作り方」(喜多由浩著、2013年7月25日、産経新聞出版) 「旧制高校物語」(秦郁彦著、2003年、文春新書) 「かつて日本に旧制高等学校があった」(手束仁著、蜜書房) などは、論旨も比較的しっかりしている(▲[L-115]、参照) _____________________________________________________ ◎引用ブログ: ★[C-155]  旧制高校・晩秋ブログ挽歌: [200... ...続きを見る
変人キャズ
2013/08/08 18:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教育政策にモノ申す(2) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる