変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 教育政策にモノ申す(1)

<<   作成日時 : 2009/10/15 06:57   >>

トラックバック 12 / コメント 1

我々の仲間の間で、民主党新内閣に期待する気持が非常に強いのは、
   仲間のブログを見て頂けば直ちに分かる。
それにも拘わらず、新内閣の政策で、疑問を覚えるのは、教育政策である。
本記事の末尾に挙げる通り、私は今までに約20本くらいの教育関連記事を
   このブログに書いていて、この問題には関心が強い。
民主党が掲げるようにGDP比5%を目標に、
   公的教育支出を増すこと自身は異存が無い。
   が、その前に、なすべきことがある
   というのが私の主張である。

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ 

それは、
勉学したいと思う人間だけが学校に行く姿、を形成するのが先だ、
   ということである。

あるべき姿が歪んでいるものに、予算を増やすのは、間違っている。
     今のように、 「青春の一時期を愉しく過ごすのが、目的」
                      であったり、
       「他人が行くから、というのが理由」、
     で自分も学校に行く、 若者が殆どである状況を、
     是正するのが先である。

「勉学を目的に高校・大学に行きたいが、行けない人」、の税金を使って、
   無目的に進学する連中に、お金を配布するのは間違っている。


 以前から何度も引用している記事、
   私のブログ全体の中で最も読んで頂きたい記事:
    ★[C-9] : {血税の使い方}
に書いた思いがあるので、 私はこだわるのである。

 ★ ★ ★ ★ ★ 

現在の学生は、大学に入ることが目的だから、
     大学生になってしまえば勉強はしない。
     大学入学までは、入試用勉学を積むが、
     大学にないってしまえば、遊ぶこと以外はしない、
     というのが現在の多くの若者の姿である。

 これについては、次回の記事:
    教育政策にモノ申す(2)
を参照されたい。

私は、「将来の人生進路まで決めて進学する者」、に限定せよ、
     と言っているのではない。
昔だって、大学を出て、何ということなしに社会人になり、
     社会で働くうちに次第に自分の職分を悟り、
     世間のために有意義な仕事をして生きた人物が多かった。

しかし、昔は学生であるのは、勉学するのが目的であった。
    いや、昔は学生でないのに勉学を目的に校門をくぐる、「てんぷら」、
     なんて存在も居た。 (今東光の例などを前に書いた)。
    昔の学生だって、よく遊んだ。  しかし、広義の勉強を良くしていた。 
    少なくとも、
     「大学生になることが目的で」、学生になる若者は居なかった。

 ★ ★ ★ ★ ★ 

現在の日本の大学は、入学すれば間違いなく卒業できる。
入試をパスすることが、4年後の就職資格を獲得することとイコールであり、
   いったん入学してしまえば、勉強などはどうでもよいのである。

「入りさえすれば卒業できる」、日本の高等教育機関の姿、
       を改めないといけない。

近頃の子供が昔のように友人たちと遊ばなくなったのが、
     運動能力の低下、体力低下の原因である。
それを招いたのは、大学入試の合格だけが目的の塾通いで、
     遊ぶ時間を持てなくしている現行教育制度である。

その教育制度を作り、維持してきたのが、旧文部省の官僚たちであった。
それゆえに、私は日本の教育を良くする最良の方法は、
     「文部省を廃止すること」だと、言い続けてきた。


その私の主張を述べたエントリーのリストを以下に示す。

再度、繰り返す。
民主党が掲げるようにGDP比5%を目標に、
     公的教育支出を増すこと、自身は異存が無い。
が、その前に、なすべきことがある

   というのが私の主張である。

 ★ ★ ★ ★ ★ 

ここ2,3日は高校授業料関連政策の技術的側面の話題
             だけが取りざたされている。   が、
人生の進路によっては
   昔のように、中高進学なしに小学校終了の段階で
   社会で訓練を受ける方が、本人のためにも、社会のためにも
   望ましい分野もある

   といった論議は、政界にもメデイアにも無い。

私のこの考え方は、戦争中の終戦運動のようなものかもしれないが、一応検討してほしい。

  ★ ★ ★ ★ ★ 

従来の教育問題関連記事:
★[C-157] 現代の大学生・(続)
★[C-156] 現代の大学生
★[C-155] 旧制高校・晩秋ブログ挽歌
★[C-118]:大学入試センタ−試験(2) 
★[C-117]:大学入試センタ−試験(1) 
★[C-95]:「大学入試共通テスト(b)」
★[C-94] :「大学入試共通テスト(a)」
★[C-88] :「大学入試共通テスト」
★[C-87] :「科学技術振興と税制」
★[C-85] 「学校教育」
★[C-57] 「住宅とOD問題」
★[C-55] 「工学教育に就いて」
★[C-42] 「学位制度」
★[C-35] 「大学と社会」
★[C-34] 「内申書裁判」
★[C-33] 「甘い職業」
★[C-19] 「大学デノミ論」
★[C-12]「大学入試に思う」

補足追加教育問題関連記事:
☆[C-206][2010/4/8] 大学入試センター、の仕分け

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
医師不足の原点
民主党鳩山内閣が9/16に発足して未だ一ヶ月半しか経っていないのに、 「政治が、国民のために、動いている」、と感じる毎日が続く。 それと同時に、積年の弊害がこれだけ蓄積しているので、私の身辺社会にも随分と腹立たしい現実が多く存在するが、多忙を極めている現在の政府に向かって、それを訴えるのは遠慮しよう、と考える。 いずれある時間が経過して当面の緊急事項が一段階したら、これら自身の身辺で見聞する不合理の是正を要求していきたい。 ...続きを見る
佐久間象川
2009/11/02 07:51
学歴詐称
学歴詐称して代議士に立候補したことが問題になった時に、私は、何故その様なつまらぬことをするのだろうかと、寧ろ不思議に思った。 票を獲得する手段として、学歴の嘘が有利に働くとは思えないので。 ...続きを見る
晩秋
2009/11/02 18:21
「デノミの勧め・3」教育行政
文科省のキャリア官僚の大多数の子弟は、公立中学でなく、私立中に通っている。 文科省以外の霞ヶ関の官僚も全て同様である。 全国でも最も私立学校数が多いのは東京であり、その東京の中でも公立小学校から私立中への進学率が際立って高いのは千代田区である。 それは中央省庁が、そして官舎が多数在って、官僚家族が居住するのが千代田区だからである。 最近の毎日新聞(2005/7/20)の記事でこのことが数値的に説明されている(文部官僚「わが子は私立」)。 ...続きを見る
佐久間象川
2009/11/02 18:55
現内閣への失望と、長妻氏への期待
前回記事(▲平野博文官房長官)に書いたとおり、 鳩山政権の発足に大層な期待を持った我々のグループの甘さ加減に対し、晩秋氏から水を掛けられて、しかもそれが当っていることをいろいろと見せつけられて、 この新春は実に暗い気分である。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/01/11 01:49
大学入試センター、の仕分け
30年前の回想(1): 大学入試センター、の仕分け ...続きを見る
変人キャズ
2010/04/08 21:23
60年前の回想(10)
戦前には、 日本の最上位の国立高等教育機関、および研究機関、        として設置された、帝国大学が、内地に7校存在した。      東京、京都、大阪、東北、九州、名古屋、北海道である。      外地の2校をこれに含めるかどうかは、議論の分かれるところである。 敗戦後、1947年に「帝国大学令」が、「国立綜合大学令」と名称変更され、      それに伴い各地の帝国大学は改称し、学制は保持しつつも      帝国大学の名は消えた。  その後、1949年の学制改革により  ... ...続きを見る
変人キャズ
2010/06/13 10:40
稲むらの火と古賀茂明
9/1になると毎年関東大震災の話題が取り上げられる。 今年も、関東大震災を予言した地震学者、ということで、   今村明恒の話が紹介されていた。 今村の業績の   一つとして、地震、津波に対する防災意識の啓発   のため、戦前の小学校の国定国語教科書に   「稲むらの火」を載せた話  (▲ 東北地方・太平洋沖地震:[A-128]、   ▲ 「科学技術過信」ではない(続):[C-251]、参照)   が紹介され、戦後の教科書では消えたこの話を、   3.11以後に各地で学童に... ...続きを見る
変人キャズ
2011/09/05 07:06
大学生の学力(2)
前回の記事に見た様な大学生の質の低下、特に理系の    極端な低下があっては、既に以前のように   「資源に恵まれない土地柄だが、技術立国で社会を   成り立たせて行く」ことは出来ない。 電子産業も自動車も   世界における優位は過去の話となった。   しかも、政治家も官僚も人材が枯渇して、この非常事態の   認識が無いため、手を打とうとする動きが出てこないのを   危惧して、我々の仲間は以前から何度も、   ブログにそのことを書いてきた:   ▲[A-99]: 日本の非... ...続きを見る
変人キャズ
2012/02/26 07:09
大学設置認可問題(1)
大学を開校するには、文科省の認可を受けねばならない。 手続きは、大学を新設しようとする学校法人は、文科省の大学設置・学校法人審議会(以後、設置審と略記)、に内容を提出し、設置審は必要な審査をし、文科相に答申を出す。 今回、設置審が開学認可を答申した3件... ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2012/11/07 02:46
信州大学の快挙(1)
今春、2013年の信州大学の入学式で、 旧制松本高等学校の寮歌「春寂寥」が演奏されたことが、    ▲旧制高校の寮歌(1):[L-112][13/7/12] に紹介されている。 同じ敗戦国でありながら、教育理念に関しては自国の意思を    曲げなかったドイツと比べて、唯々諾々と米国の意思    に従ってしまった、日本の戦後政治の最大の過失は、    旧制高校の廃止、であった。    人材の育成は国家成立の根幹であるのだから。 ▲  60年前の回想(10):[C-212][... ...続きを見る
変人キャズ
2013/07/15 14:48
旧制高校の話題(1)
旧制高等学校に関する特定の話題を記載、または引用してある記事を参照 する時の便宜のために、本記事を用意する。 私や晩秋君のブログを見た人 に教えられて、最近出た本「旧制高校・真のエリートの作り方」(喜多由浩著、 2013年7月25日、産経新聞出版)を知り、これを読んで、話題の豊富さ を見るに及んで、本記事のようなものを造って置く必要性を感じたからである。 以下では、旧制高等学校を(旧制高校)と略記する。 旧制高校に関する本としては、「旧制高校物語」(秦郁彦著、文春新書、2003... ...続きを見る
変人キャズ
2013/08/08 18:25
旧制高校の話題(2)
引用記事目録 ◎旧制高校に関する本: 「旧制高校・真のエリートの作り方」(喜多由浩著、2013年7月25日、産経新聞出版) 「旧制高校物語」(秦郁彦著、2003年、文春新書) 「かつて日本に旧制高等学校があった」(手束仁著、蜜書房) などは、論旨も比較的しっかりしている(▲[L-115]、参照) _____________________________________________________ ◎引用ブログ: ★[C-155]  旧制高校・晩秋ブログ挽歌: [200... ...続きを見る
変人キャズ
2013/08/08 18:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「品格ある日本人の英語」(曽根宏著、ビジネス社)の102頁に感動的な話が載っています。
大層実績のある、駿台予備校の名物教師が、一年間の受験テクニック授業を終える最後の時間に、”大学に進み、社会に出たら、ここで覚えた勉強法は捨てろ”、と講義をし、その名物教師が大嫌いであった、この本の著者の人生を変えた話です。
一億人が文部官僚の犠牲になっている象徴的な話です。
痩せ蛙
2009/10/18 02:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
教育政策にモノ申す(1) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる