変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 旧制高校と軍事教練授業

<<   作成日時 : 2008/11/20 07:59   >>

トラックバック 2 / コメント 0

昭和20年に敗戦するまでの日本は、 国民皆兵が建前で、
     全ての男子は、二十歳の徴兵検査を経て、
     兵役に着くのが義務であった。

現在と違って義務教育は小学校だけであり、国民の殆どは
    小学校で終わり、中等教育を受ける人間の数は
    同年代の者の一割程、であった。
中学以上の学校の卒業者は、兵役に着いてから幹部になるのが
    期待されており、  事実それらの多くの者は
    同年の一般青年と一緒に入隊してから、
    幹部候補生を志願して、将校になったのであった。

当時の中学以上の学校には、軍事教練という名の授業科目があり、
                  軍人が担当していた。
配属将校という陸軍将校が、陸軍から各学校に派遣されて
   きていたが、   その他にも数名の退役軍人が、
   学校に直接に雇われて、 この授業を分担、担当していた。

学校での軍事教練の科目は、上述の様なことを前提として、
成人して軍隊に参加した時の将校要員の予備教育の意味があった。
中学1年での帽子の被り方、歩き方、集団の列の造りかたから始まって、中学上級生になると集団の指揮法、小銃の射撃訓練等も行った。
当然、高校生ともなると、より高度の軍事訓練が期待され、
   配属将校も現役の陸軍大尉であった。


************************************

Y君に旧制松本高等学校の同窓会雑誌を見せて貰って驚いた。
掲載文に紹介されている、 同校教師の原少佐のことだが、
  あの戦争中に、このような人物がいたとは奇跡

である。(松高同窓会:松本市県3−1−1)

その話を紹介したいのであるが、今から半世紀前の日本の社会の出来事を知って私の様な戦中派が受ける感動を、現在の人に伝えるのは大変に難しく感じる。
その話、つまりY君の在学していた旧制松本高等学校で、
   軍事教練科目の教官として在籍した退役将校・原少佐の
             事跡を伝える為には、

@先ず当時の社会、学制に於ける高等学校とはどの様なものであったか
   当時の高校生というものがどの様なものであったか、を
   理解しても貰わなければならないが、これが大変に難しい。 

次に、A当時の世相で軍人の存在がどの様なものであったか
   を現代人に理解してもらう事がまた、大変に難しい。


この二つの内の、一つの課題でも、 真っ向から扱うのは、
          一冊の分厚い書物を書いても、 困難である。
が、それを抜いては話が全く理解されないので、
   このエントリーで一応の準備をしておいて、 次の記事:
   原少佐に思う事
で本題の原少佐の話題を紹介する。

************************************

@ 旧制度の学校ではどのような理念と制度の教育が行われていたかを理解して貰うのには、
旧制教育制度で育った人間が、現在のわが国の教育を
どの様に感じているかを、見て頂くのが一つの方法かも知れない。
我々老人仲間のブログ記事から、それら老人の主張を
   拾い集めて見えると次のようなものが目に付く。

▲[C-85] 「学校教育」
▲[C-95] 「大学入試共通テスト(b)」
▲[C-155] 旧制高校・晩秋ブログ挽歌
▲[B-17]  「デノミの勧め・1」学生の学力低下
▲[B-18]  「デノミの勧め・2」大学と大学教授
▲[B-19]  「デノミの勧め・3」わが子は私学教育行政


旧制高校の話とは銘打ってないが:
▲[L-7]: お祖父さんの17歳の頃の話
 の記事にあるお祖父さんとは間違いなく旧制高校の生活体験のはなしであると推測できる。

************************************

A 次に当時の軍人達の生態に付いては、
無謀な戦争を強行して多くの(日本国民とアジア諸国の)人間を
無駄に死傷させ、国家の威信と歴史を台無しにした経緯は


▲[A-67]  日本民族の合理性と東条首相
▲[A-68]  日本民族の合理性と東条首相(続)
▲[A-78]  日本民族の合理性と東条首相(3)
▲[A-79]  日本民族の合理性と東条首相(4)
▲[B-59] 伝統文化と常識の変遷(3)
▲[C-52] 「終戦記念日に想う」に思う
▲[C-127] 感度の有無(1)・きらり
▲[L-31]  ”東条英機暗殺の夏”


に紹介されて居り、 そうした中で懸命に国民を救うために努力した軍人達の話が

▲[A-80]  戦争を知らないわが孫に(1)
▲[A-81]  戦争を知らないわが孫に(2)
▲[B-66]  人間の評価: (7)秋の叙勲・栗林忠道@


に書かれている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
60年前の回想(4)
本当は、“二人のピアニスト”君 が書けば良い話なのに、    丁度私が昔話を連続して回想していることと、 以前に私の書いた記事 ...続きを見る
変人キャズ
2010/04/07 07:23
信州大学医学部同窓会
信州大学医学部の同窓会が発行している「松医会報」の掲載記事が、    信州大関係OBの間で問題になっているらしい。    私のブログの仲間や読者は、長野県の関係者が多いので、取上げておく。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/08/05 17:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
旧制高校と軍事教練授業 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる