変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 荒川沖駅殺傷事件

<<   作成日時 : 2008/03/26 06:56   >>

トラックバック 7 / コメント 2

3月23日の白昼、常磐線荒川沖駅付近で、8人の殺傷事件が起こった。
犯人は四日前の3月19日の殺人事件で指名手配中の金川真大(24)という男で、県警は荒川沖駅にも私服警官を8名配備していた。
それなのに、この日の事件発生時の現場でも犯人を取り押さえられず、犯人自身が300メートル離れた無人の交番に行き、そこから警察署に電話して連絡し、急行した警官によって漸く逮捕された。

何という警察の無能ぶりだろう

殺人犯による二次犯罪の防止のために、混雑する駅に私服でなく制服警官を配置しなかった配慮のなさも、呆れるほどの無思慮さである。
その上、犯人逮捕後に警察庁から茨城県警に、対応が適切であったかと、問い合わせたとの馬鹿馬鹿しい報道まである。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

社会の第一線を担う人達の幼稚さ、を痛感するようになって久しい。
昔はこうではなかった。
そう言うと、直ぐに「老人は・・・」と返されるが、現実にそうであることは間違いない。

    ★ ★ ★
海上自衛隊イージス艦の事故は、乗組員の程度の悪さのために生じた事であり、石破長官が責められるのは実に気の毒である。
立場上責任がある、といえば、その通りだが、本当の責任は、日本人をここまで堕落させて、程度を悪くした、これまでの政官界・マスコミ関係者全員である。

その結果、海上自衛隊に入隊してくる隊員の質が低下して、とても戦前の帝国陸海軍人のような人材を揃えられなくなった。
事故の根源的な原因は、その隊員の質の悪さにあり、石破長官が一人で幾ら頑張ってみてもどうにもならない。

海上自衛隊の一連の不祥事、(イージス艦、情報漏えい、護衛艦火災、など)、を纏めて防衛庁が調査報告書を作り、一斉処分したことをマスコミは批判する。
が、見掛け上別々に見える事件の全てが実は同一の根源から出ているのを見定めているだけに、シッカリした取扱だと私は思う。
 現在の日本のマスコミよりは、マシである。

    ★ ★ ★
少し旧い話だが福知山線列車事故は、
  ▲[2005/05/03] 福知山線・列車事故の原因@
に、佐久間氏が言っているように、
旧国鉄であったら絶対にありえない事故、であった。
 JRと旧国鉄とのその違いを生じたのは、従業員の質の差であった。

    ★ ★ ★
年金記録の不始末も、現場を預る人間の質の悪さが根本である。
福田総理、舛添大臣が頭を下げ続けるのだが、本当の責任を問われるべき人間は、表に出てこない。
  責任者の謝罪とは?
に書いたように、実質責任者は、1945以前ならば切腹である。

この場合は、「初めてこの問題を解明する姿勢」を見せた舛添大臣一人が給与の一部を返納しただけで、前任者大臣達は何一つ具体的行動を(言葉のお詫びすら)していない。
 本当は寧ろ逆で、舛添氏には特別手当を支給し、前任の大臣達から夫々の在任中給与の返済を求めるべきであろう。

    ★ ★ ★
以上の一連の事故を見ると、一見全然別な事件の様に見えるが、
根本を構成する原因は皆共通して、人間の資質レベルが低下している事が根本である。


馬鹿馬鹿しいマニュアル化が進行して、人間同士の信頼感とか、人情の機微が失われるようになり、社会が硬直化してきた幾つかの話を
  「美しい国」を作るための提案(6)
に紹介した。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

先般のタクシー運転手殺人事件、丁度一年前の英語教師殺人事件、など、重大な事件のある度に、盛り場での聞きこみや、ビラ配りをしても、一般市民から警察への情報提供が得られなくなっている。
これも、根本は警察の人間的資質の低下により、警察への協力が得られなくなったためだと思う。

用の有るときだけ駅前でビラを配ったりしても駄目。 
平素の行動で敵意を持たれていては、
  (例えば、▲[A-23] 道路駐車違反取締りの制度
    のような経験をした人は)
イザというときに、警察官が頭を下げてきても、ザマアミロと思うだけで、協力する気にならないのは当たり前である。

    ★ ★ ★ 
今回の荒川沖駅殺傷事件の私の見方も同様だ。
すべてマニュアル化して行動するだけで、柔軟に頭を使う事ができない現代の日本人の一般性が、茨城県警の今回のお粗末な対応に現われた
と私は理解している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教師、生徒とその父
Cogito, ergo sum ブログの3月10日に、教師、生徒とその父、という記事がある。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2008/03/28 14:44
性悪論者の弁(6)
毎日新聞に2008/3/21から3/30までの連載で、「正義のかたち」、という題の、裁判官の告白を紹介しながら、裁判に於ける量刑の公正さ、妥当さを考える記事があった。  “裁判員制度”の発足を一年後にして、“人を裁く”意味を考える、という趣旨の欄である。 ...続きを見る
佐久間象川
2008/04/01 18:12
【犯罪の防止】の口コミ情報を探しているなら
犯罪の防止 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています… ...続きを見る
人気のキーワードからまとめてサーチ!
2008/04/06 10:06
”「出版社」を読む”を読んで
先月、荒川洋治氏の論説、”「出版社」を読む”を読んだ(毎日新聞:2008/3/10文化欄)。 この論説は、文章を扱う人の一般的な社会風潮は、貧しいものになった世間だが、その中に例外的ではあっても、昔のよき“こころ”を受け継いでいる出版社や人達がいることを述べたもの... ...続きを見る
晩秋
2008/04/07 05:50
日本紳士録の廃刊
日本最古の歴史を誇り、また国内で最も信頼されていた    「日本紳士録」(交詢社出版局) が、今から丁度一年前の、2007/4/19に、その月に刊行される第80版を最後に、休刊すると発表された。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2008/04/18 15:50
光市母子殺害事件の差戻し審判決
99年4月に山口県光市で発生した母子殺害事件の差戻し審高裁判決が4月22日に広島高裁であった。 犯人が事件当時少年であったことや生育環境の問題の他に、被害者遺族である本村洋氏の誠実な姿勢と、弁護側の不誠実な(現代日本の司法制度の欠陥をマルマル見せ付ける)法廷戦.... ...続きを見る
晩秋
2008/05/02 03:23
【日記】日米の力関係、妄想に対する対処法
今週は、気分低調。私が前回衆議院選で自民党に一票を投じているため、社内A氏から、「散策さん、ガソリン代の差額を負担してくださいよ。」とまで言われてしまいました。砂川事件の最高裁長官が、当時の米駐日大使と会談していたニュースを携帯サイトで見て、日米の圧倒的な力関係を感じました。 西山事件にしろ、砂川事件にしろ、米側資料から出てくるところも何とも言えません。先週末は、藤田幸久議員の4月24日の参議院外交防衛委員会質疑を参議院TVで見たのですが、その中で、米側への思いやり予算の前提となる米軍駐... ...続きを見る
散策
2008/05/03 13:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
変人キャズ様

突然のコメント、誠に申し訳ございません。

定番ブログランキングサイト「EYE2U」を開設しました。



登録していただいてブログもアクセスも増えてまいりました。

「定番ブログランキング」ではありますが、簡単な登録でブログの宣伝ができます。





今後、アクセスアップにもつながると思いますのでご登録をよろしくお願いします。

http://eye2u.net/
eye2u
2008/04/29 20:48
eye2u様、お誘いを有難う御座います。
従来も何度か、同様なお誘いを頂いたことがありますが、(毎度コメントを削除して残してありませんが)、手続きをしませんでした。
私共の仲間は、ブログの宣伝をし、アクセスアップするということには、興味がないのです。
何かのご縁で、共感をもって御覧頂く気になった方に見て頂ければ良いのであって、意見の違う方を説得していく気はないので、ご了解下さい。
近々書くかもしれない記事の内容に関わるので、今回は此処にこのコメントを残しておきます。 
変人キャズ
2008/05/03 21:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
荒川沖駅殺傷事件 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる