変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「美しい国」を作るための提案(5)

<<   作成日時 : 2007/05/26 07:23   >>

トラックバック 13 / コメント 0

「美しい国」を作るための提案(5)
     叙勲の話[b]


今春亡くなった城山三郎氏が評価した人物として、石田礼助氏の話を、前回の記事で取り上げた。
破滅寸前の状態にあった旧国鉄を、今日のJRとして見違えるように蘇えらせたのには、石田礼助氏を初め、一部の人達の命懸けの努力があったのであることを、説明した。


国鉄は再建された。 
然し、現在の日本が美しさを失っているのは、旧国鉄と同根の病気が蔓延しているからである。
日本の社会全体としては、旧態依然である



そして、国鉄を救った石田礼助氏は叙勲を受け付けなかったが、20世紀後半に旧国鉄をあの破局に導いた、旧社会党指導者の多くが、叙勲を受けた。

20世紀末に、社会主義の没落は、全世界で明白になった。
 しかし、上の様な話題に触れた以上、補足の必要のある話を、此処で付け足しておく。 (脇道に逸れるが、国鉄の問題とは別に、人間個人の名誉のために)


 ★ ★ ★ (補足) ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
旧社会党指導者にも、少数だが、行動の立派な人物は居た。
 それは、佐久間氏が、 「人間の評価」に就いて(3) ([B-30] [2006/03/15])
に、明確に書き残した。
あそこに名前の挙げられている、数人の人物は立派である。

即ち、叙勲制度は人民の平等に反する、と言って制度に反対して、国会で法案の成立を潰した社会党の数人の代議士が、自身の行為に責任を持ったという意味で、叙勲を受けなかった。
あそこに名前の挙げられている人物は立派であると、私も思う。 
しかし、旧社会党代議士の殆どは、生存者叙勲を受けたのであった。
 ★ ★ ★ (補足終了) ★ ★ ★ ★ ★


再度言うが、現在の日本が美しさを失っているのは、
  旧国鉄と同根の病気が蔓延しているから、である。
国鉄は再建された。  然し、日本の社会全体としては、旧態依然である。

日本政治は自己規律を失い、腐敗堕落した組織のままであるのが現状。

既得権を獲得した利益集団や、 お役所と政治家の内部了解の集積により、 勝手に食い荒らされているのは、
JRに改変されて立ち直る前の国鉄、と全く同じ、である



▲例えば、このシリーズで何度も繰返しているように、法務関係者の無責任は、

 ▽自動車運転による殺人の罰を、懲役5年以下にして、放置してある。

 ▽地震が来れば数百人の人を殺す可能性の有る建造物を作っても、最高50万円の罰金となっている。(耐震強度偽装問題:[2005/12/24])

 ▽この様な法律を放置しておく役所の気風は、私生活で分る。 
高級公務員住宅で、法務省職員の細君が、「うちの亭主は、真面目に仕事をする馬鹿だから、損をした」、と隣の細君にこぼしているのを見た。

法律体系の穴に気が付いても、放って置けば自分は損をしない、と言う仕組みが官僚組織に在るからである


  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

98年秋、小渕政権の宮沢喜一蔵相(バラマキ財政)は、あらゆる税金を国債で調達して国民に振舞い、6年後の2004年末に残ったのは、30兆円の国債証券だけだった。

ほんの少しだけ景気が回復した年に、累積債務を返還する代わりに、竹下総理は町村ごとに一億円のばらまきを行い、それで金塊を買った村なども有った。

あれらの金が有れば、戦後の日本を建て直してきた現在の老人達を、安心して収容できる老人ホームが建設できていて、ホームレスの生活に追い込まなくて済んだ筈である。

この様な政治を行なってきた政治家、官僚が、叙勲の対象になっている。

村山元総理の叙勲の件は、佐久間氏が咎めている)
。(★[2006/05/5]:「人間の評価」に就いて(4)春の叙勲 )


日本を食い荒らした本人は、既に存命でないケースもあるであろうから、彼等の3代、5代の子孫まで、恒久的な重加算税を課したい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(13件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
強姦常習者の放置(続)
この記事の文章は、元々は :強姦常習者の放置:{★[L-15]} にあったものである。 それに付いて、痩せ蛙氏のコメントが寄せられ、 記事が内容的に二つのことを含み、文章の全体が長すぎる、とご注意を頂いた。 指摘されてみると確かにその通りであり、読者に見て頂く... ...続きを見る
晩秋
2007/05/26 17:32
私の独り言{血税の使い方}
「血税の使い方」     1978.4.5 ...続きを見る
変人キャズ
2007/05/29 17:42
東京五輪誘致に全面的に反対する!!!
招致に反対する人たちの群れ 5月30日午後6時のNHKの報道によれば、東京都は東京五輪招致の市民運動を始めたそうである。正にここまで来ると、もはや狂気の沙汰と言う他は無い。駅前などに立ってボランテアであろうか、若い男女がビラ配りをしている情景が映し出された。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/05/30 20:21
松岡農水相の突然の死を悼む
松岡利勝農水相が5月28日午前11時頃、赤坂議員宿舎で自殺した。まだ62歳の若さであった。彼は熊本県出身で、鳥取大学農学部林学科を卒業した。所謂、法科万能主義には属さない異色の人材であったのだ。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/05/31 07:20
「性悪説論者の弁(4)」について
「性悪説論者の弁(4)」について 佐久間象川様 TBをいただき、有難うございました。変人キャズ氏のご主張の第一で、同氏は、杉浦正健氏が、就任早々、死刑執行命令書に不署名を宣言したことに疑義を呈しておられます。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/06/03 04:39
性悪説論者の弁(5)
今回の記事を書き始める前に、頭の中を過ぎったことを一つ、書いておく。  直接に記事の話題内容に直結する事ではないが。 ...続きを見る
佐久間象川
2007/06/08 05:47
中国の日本侵略を止めるには!!!
訪日中の台湾の李登輝前総統が6月7日午前、靖国神社を参拝された。戦死された実兄の霊を追悼するためであり、作家の曾野綾子さん同行したそうである。私人としての参詣であった。記者会見でもそれを強く主張しておられた。例によって中国外務省の劉報道局長は同日、外遊中のベルリンで、「中日関係を破壊しようとする試みは成功しない」と語ったそうである。筆者は中国はこのような余分なことまでは言うべきでないと思う。 ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/06/09 09:37
尊大さを見せ付けられたハイリゲンダム安部・胡会談!!!
6月8日にドイツのハイリゲンダムで安部首相と中国の胡錦濤国家主席との間で取り交わされた会談の報道内容について筆者の推測を挿入したものである。なお報道内容は福井新聞 (参考;福井新聞 「日中首脳会談要旨 ハイリゲンダムで 6月9日午前1時03分」 http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news4/article.php?topicsid=15&pack=CN&storyid=21776 (注)このURL は一定の時期を過ぎると無効になる)によ... ...続きを見る
東郷 幹夫の思いつくまま日記
2007/06/10 01:19
2008秋の叙勲を見て
毎年、11月3日の新聞には秋の叙勲のニュースが載る。  その記事は年々小さくなり、目立たなくなって、今年は新聞に依っては一面の記事目録にも載っていない有様である。 我々の仲間は政府の行なう授賞、叙勲などの現実には大層不信を持っている。 その為に、今までに、(この記事の文末にリストを挙げるように)、仲間たちはその関連記事をかなり書いている。 それにも関わらず、従来私等の知らなかった事を最近になって知った。 ...続きを見る
変人キャズ
2008/11/03 08:47
2009春の叙勲を見て
我々の仲間は、政府の行なう授賞、叙勲などの現実には大層不信を、持っている。 その為に、今までに仲間たちはその関連記事をかなり書いている。 文末に、仲間の今までに書いた、関連記事のリストを、 キャズ君の記事、 ▲2008秋の叙勲を見て :[C-173]、からコピーし、加筆転載する。 ...続きを見る
佐久間象川
2009/04/30 02:11
現政権と、2010春の叙勲
半年前に政権交代が行われて、半世紀に亘る政財官もたれ合いが   改革される、と期待された。  行政にメスが入るようになり、   行政刷新会議が、独立行政法人を対象にする、「事業仕分け」              などが行われるようになった。 が、政府財政のピンチの折から、 歳出削減が主眼になっている   感じで、行政そのもの、の無駄は、手が回っていないのは              致し方の無いこと、のように見える。 実は事業には、経費支出は少ないので目立たないが、    ... ...続きを見る
佐久間象川
2010/05/06 21:16
2010秋の叙勲と褒章(3)
今秋はノーベル化学賞の嬉しい話題があったので、その記事を    書きたいと思ったが、どうせ近日中に叙勲の発表が    あるので、それを纏めて「叙勲と褒章」のテーマで    一連の記事、にする予定で居た。 ところが、「叙勲と褒章」(1)、(2) の記事を公開したところで、    思い掛けない経緯で小旅行に出掛けることになり、    旅行中に11/3の叙勲の発表が行われたので、    予定が狂った。 前回、前々回の記事の名前に叙勲の文字を入れないで    おけばよかった、と悔... ...続きを見る
佐久間象川
2010/11/06 02:22
国民栄誉賞
TechinsightJapan (2103/5/13) {http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0513/tec_130513_0167541767.html}、    に面白い話が紹介されていた。 11日放送の『久米宏 ラジオなんですけど』(TBSラジオ)      の放送内容のことだ。 。 プロ野球の長嶋茂雄と松... ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2013/05/14 06:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「美しい国」を作るための提案(5) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる