変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会的忘却のメカニズム(2)

<<   作成日時 : 2006/05/08 02:07   >>

トラックバック 3 / コメント 9

前回の記事、社会的忘却のメカニズム(1)、で、
     ---------------------------------------
@各地で、歴史的に含蓄の有る地名が、全く安っぽい語感の町名に変更されている例が非常に多い。
A景観もそうで、昔の歴史や絵画に残る美観が、無神経な高速道路の建設で、滅茶苦茶に破壊された。
B昔は、皆が知っていた、情緒豊かな童謡、小学唱歌は、忘れ去られた。
C文化遺産の存在も知らないのだから、それを創った人の名前等、忘れられている。
D水俣病に始まる公害被害に対する政治的、司法的怠慢。 思い遣りとか同情心が希薄になっている世相。
E「昔の学士様」と「今の大卒」の落差。
     ---------------------------------------
等に就いて述べた。
私の脳裡に、上記の感想と懸念を読後感として残したブログ記事のリストを示す。 


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

----------------------------------------------
★[@、Aに関し]★:「北国街道、海野宿」、[ Alps氏]、
に、歴史的な地名が全く無意味な符丁の様な地名に変更されていくのを歎き、「地名には歴史が刻まれているだけに、安易な地名変更は歴史の影まで払拭してしまう。そんな例が多いのが気がかりだ」、と書いてある。
海野宿だけでなく、全国的にそれが行なわれていることに気付いて、@の話になった。
「この宿場町を保存しようと言う発想と其の実現と、それに伴う維持努力を考えると、其の地に住み、其の地を愛している人々に敬意を表したくなります。
目先の便利さのみを追って、歴史も景観も考えない発想とは大違いです。  パリを始めヨーロッパ諸国を見ても、ものの見方、考え方の相違を痛感します」

と書いてあるのを見ると、Aに連想が行きますし、
文化破壊の原因は、前記の、[1]よりも[2]か、と思ったりします。

★[@、Cに関し]★:[A-22]:「北国街道、海野宿」に想う、[ピアニスト氏]、
は地名で無く、人名の忘却の話である。 此処には、「海野(木曽義仲挙兵の地)にいて義仲とも京都にのぼり、その後有為転変の生涯を送った(文章博士にもなり、出家もした)海野幸長なる人物が、「平家物語」の作者である」、との説の話が紹介されている。
「荒唐無稽な与太話だと受取るか、トロイを発掘したシュリーマンの故事もあるではないか、と考えるか、は夫々にお任せするとして、思いも寄らぬ情報なので、ご披露した」、のだそうだ。

★[Aに関し] ★:イオニア式柱、[ Alps氏]、
は静岡銀行浜松営業本部の正面入口の風景写真を示して、其処に使われているイオニア式柱の美しいさを説明しているのだが、 その記事を見た人の感想がコメントに紹介されている。曰く、「こんな立派な建物を恰も隠蔽するかのようにその前に、こんなアーケードを造ってしまう無神経さが腹立たしい」と。
この記事の写真と、そのコメントを見ての連想が、現在の日本橋の有様であり、神戸の海岸通であった。

★[Cに関し]★: [B-28]:「人間の評価」に就いて(1) :[象川氏]、
には、日本が世界中の多くの国の様に、文明先進国の植民地に成らずに済んだのは、誰の功績かという話がある。
私が今迄その功労者の名前を知らなかったのは、明治政権が薩長閥によって成立したので、幕末に本当に国のために尽くした多くの人物の事跡は消され、 替わって薩長閥の下らぬ人物の名前は歴史に残った、ためだという。

     ---------------------------------------
歴史には埋もれた真実が多くある、のは間違いない。
というよりも、人間は忘れ易いもので、敦煌等西域に驚くべき文明が嘗て存在した事を、最近の発掘まで全く忘れていたりする。
旧約聖書に書かれているエルサレムの間道の話が、20世紀も半ばになって、歴史的真実であった事が、偶然に発見されたりする。
そうした事実を想起すると、「平家物語と海野幸長」の話の方が、「トロイとシュリーマン」の話よりも遥かに根拠の確かなもの、かも知れぬと思えたりする。
     ---------------------------------------

★[Cに関し]★:
 でも、「旧約聖書」や「平家物語」は大昔の話だが、幕末・明治は近代だと思って、考えてみると、
  [A-13]:歴史認識(2)
  [B-29]:「人間の評価」に就いて(2) :
の様に、現代でも人間の業績は沈没するのだから,100年も前のことが忘れられても不思議はない。
「既成事実を追求しない、のは、日本人の美徳」、なのだろうか。 文明国としての、後進性の象徴なのだろうか。(中略)
 私は、生前の所業に無関心な小泉首相を好きになれない。


★[Cに関し]★:
寧ろ逆の観点からして、生前の所業を大切にしようという指摘が、
  [B-30]]:「人間の評価」に就いて(3) [象川氏]、
であって、象川氏とは政治的主張の異なるが生き様の評価できる人達の名前を伝える事が大切だと思って、この記事を書いた。
与謝野鉄幹の、「人を恋うる歌」、を引用し、「名を惜しむ」という志が無上に尊く思われる、と古めかしいことを書いている。


★[Dに関し]★:
  まだ終わっていない水俣病 2006/05/05:[飯大蔵]
  国の責任は追及出来ないのか、:[飯大蔵]
  水俣病の50年、[川辺より] 2006/05/05:で
   ▲水俣病はまだ終わっていないことのほかに、▲アスベスト問題、▲医原性クロイツフェルト・ヤコブ病、▲血液製剤によるHIV感染、▲フィブリノゲン製剤血液凝固第VIII、第IX因子製剤によるC型肝炎、などの現状説明があり、
そのなかで「アスベスト問題などは、殺人罪の実刑を与えるべき物だ」、とまで書いてある。 その激しさは、
  性悪説論者の弁(3):[象川氏]、
の主張と同一である。  水俣病の経緯を見れば、これは紛れもない殺人なのであるから、当然だと私も思った。


★[Dに関し]★: [C-116]:国会証人喚問を見て思う(3) [キャズ]、:
公害放置の無策による社会破壊は、無教養な(地名、歴史にも無知な)権力者(政治家、官僚)、の齎した結果であるが、それを許してきた根底には、明治以来の法科優遇のツケがある。

★[Eに関し]★: [B-31]: 「ホージンノススメ」へのコメント [象川氏]、
には、教育破壊の原動力の指摘がある。
これ等の破壊は、権力者(政治家、官僚)の齎した結果であるが、それを許してきた根底には、人間一般の忘れっぽさがあることを
  [C-117]:大学入試センタ−試験(1) [キャズ]、:
に指摘しておいた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
センター試験と老人の感慨
昨日から大学入試センター試験が始まり、新聞、テレビでは受験生の数とか、当日の各地の天候の模様とか、マスクを掛けた受験者の表情とかが報道されている。 しかし、この制度が我が国の社会にとって、どのような意味を持つかの吟味などの論究は見当たらない。 ...続きを見る
佐久間象川
2010/01/17 10:20
大森龍太郎関係ブログ
「バブル獄中記・元東京相和銀行会長・長田庄一」 という本 を読んで、感銘を受けたピアニスト君が、最近のブログ記事    ▲ 笛を吹く人:[A-154]:[2012/4/21] の中で、O君の実名を明かした : ...続きを見る
変人キャズ
2012/04/29 04:08
ある元頭取の証言(2)
日銀局長から日債銀頭取に就任し、日債銀の粉飾決算疑惑 を問われて逮捕され、13年に及ぶ裁判の末に無罪を勝ち取った、 東郷重興(69)の意見が、      前回記事: ▲ ある元頭取の証言(1):[C-313]、 の内容だが、その意見は説得力がある。 ...続きを見る
変人キャズ
2013/05/15 23:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
TB有難うございました。
私の拙文を取り上げていただき有難うございました。少々書きすぎだと思いますが、アスベストは今後ますます問題が大きくなると思いますので、気持ちが高ぶったようです。
飯大蔵
2006/05/08 13:33
コメント有難う御座いました。
ブログ上で素晴らしいグループをお持ちでいらっしゃいますのね。
皆様夫々の素敵な内容を少しずつ読ませて頂いております。
毎日の楽しみが増えました。
私のページ、お恥ずかしい次第ですが、超熟年の思い出話としてお付き合い下さいませ。

変人キャズ様は昭和のモダンボーイと言われた方かしら、否モボはもう少し前の時代になるのでしょうか、私も戦前の短い青春を愉しんだ一人です。
今後とも宜しくお願い致します。
モナミ
2006/06/23 09:59
私の子供の頃の回想も読んで下さいまして有難う御座います。変人キャズ様はじめグループの超インテリ層の方々のお目に留めて頂いて、頬染めて恐縮しております。
1935年のベルリン・オリンピックや空襲の事も書いておりますので、当時のキャズ様の思い出などもお聞かせ頂ければ、、と思っております。ではまた。
モナミ
2006/06/26 20:57
前文の訂正です。1936ですのに5と打ち間違えてますね。ご免なさい。
モナミ
2006/06/26 21:03
昔の先生は好かったですね。(と言っても今の先生に就いては直接存じ上げないのですが・・)数学もお得意だったキャズ様には愉しい授業だった事と思います。
昔の中学校、女学校はレベルが高かった様に思うのです。微分、積分も5年生で教えて貰えましたよね。中学の方がどの学科ももっとレベルが高いのだと聞いておりました。ではまたね。
モナミ
2006/06/26 21:41
モナミ様の「先生:05/7/26」への恥しいコメントへのご返信だと思います。得意ではないが、好きであった数学は、田舎者で指導者が居ないので無茶をしていました。当時は円周率が707桁までしか計算されて居らず、その500桁以後に過ちを見付ければ何万マルクだかの懸賞金が掛かっていたので、夢中になって計算したり。
高校に進んで、都会から来た同級生が中学の2年生の時に微積分を卒業していたノートを見せられて、ショックを受けたり。
でも愉しかったですね。あの様な遊びを知らない今の中学生は、気の毒です。
変人キャズ
2006/06/27 06:05
嬉しかったです。近い時代に違った土地で学んだ方のお話を聞かせて頂けるのは、、
と言ってもキャズ様のレベルには遥かに届かない低レベルの私ですが辛抱してお付き合い下さいませ。
円周率は今は3で計算するとか聞きましたがバカみたいですね。いっその事(これ方言かな?)小学生でもπを使う様にした方が好いのになんて思います。
よくも円周率の計算をなさいましたね。根気の良さに脱帽!!
今は計算機をテストに持ち込めるという何とも省エネの時代ですね。

私の主人も中学生の頃冬の寒稽古に早朝家から学校に行く途中、友人と店の看板を置き換えたりしたなどワルサをした話を聴きましたが、この様な話を聞くのが好きです。
私自陣品行方正(??)でしたので、、
ではまた聞かせて下さいね。
モナミ
2006/06/27 08:32
またも訂正。 私自身を打ち間違えました。
モナミ
2006/06/27 08:36
ご紹介頂きましたハサウェイ様のブログ読ませて頂きました。映画と音楽を友としてエネルギッシュに生活している彼女は魅力的ですね。
10日以降にまた新しく書かれる彼女のブログを楽しみにしましょう。
ブログではコメントやTBを頂かない限りアクセスして下さった方が何方か分かりませんよね。私もHPではお互いにアクセスしながらコメントをしない互いにファンと言う方達が複数居りますが長いお付き合いですのにBBSを使わないお付き合いもまた好きものか?
モナミ
2006/07/04 17:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
社会的忘却のメカニズム(2) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる