変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 耐震強度偽装問題(続)

<<   作成日時 : 2006/01/11 06:27   >>

トラックバック 4 / コメント 0

前の記事「★[耐震強度偽装問題」に書き、 私が主張したことの練習問題の様な出来事が、新聞に報じられた。

★1月8日の長崎県大村市の、7人が死亡した火災で、
火災発生の第一報を受けた消防署が、「虚報かも知れない」と再確認を求めたため、 出動までに2分以上の時間を余分に要した

実はその二日前に、同消防署に嘘の通報があって無駄な出動をした後なので、 本物の火災の時に、当直の消防士が通報の確認を求めた。 その結果、出動に時間のロスを生じたという。
「消防署は、一分一秒を争う状況では、あってはならぬ事で、大変に申訳ないと話している」と、 新聞記事は書いて、非難がましい口調である。

確かに、消防署は二日前の虚報とは関わりなく、 一刻を争って出動すべきであった事に、間違いはない。  消防車の出動の一分の遅れは、 そのために生死を分けるような、重大な結果を齎すのだから。 
然し、なんだか私には、当の消防署に同情する気持ちが残るのだ。
この様なことを引き起こした原因の捉え方に、 私と、現在の日本の法律屋・マスコミ人種とで,
差があることが、 又しても此処でも引っ掛かるのである。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

私の考えでは、 最も非難されるべきは、二日前の虚報の犯人だが、 若しもその犯人が捕まっても、日本の法律家は、恐らく大した刑罰は科さないのであろう。
そして新聞も、 消防署の対応に非難めいた口調の書き方をしているが、 一方、先日の虚報を送った人物に怒りを表す文章は一行もない。
これが、法律家やマスコミの価値判断なのである



暴力犯を取り押さえる為に警官が拳銃を発砲した場合の新聞記事には、必ず、「警官の拳銃使用には問題なかった」、と書かれている。 それを見る時にも、今回と同様な思いがする。 これも異常だと思う。
新聞は、拳銃の使用に問題の有った場合だけ書けば良いのであって、 わざわざ書かなければ、使用が問題のない状況であったと理解出来る。
新聞にこの様な文章を見る度に私は、
昨日は東から太陽が出ました、と書いてあるのを見るような気分になる。
つまり、そんな新聞は要らない、という事を私は言いたい。


★若しも私が、ヒットラーかナポレオンの様な独裁者ならば、 二日前に虚報を送った人間には7人に対する殺人罪を宣告し、 消防署の担当者には情状酌量して処分をする。
この対応の差異が、象川先輩の言う、自然科学を産んだ民族と日本人との相違(★性悪説論者の弁(2))なのではないか。)

私の記事:★耐震強度偽装問題、に対して佐久間先輩にご批判を頂いたが、 法律屋・マスコミ人種とコンビニの親父とでは社会的影響力の違いが有るので、 扱いを別ける必要が有るように、私は思うのである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
国会証人喚問を見て思う(1)
1月17日の国会証人喚問は、実に不愉快な思いをさせられた。 当日テレビ中継を見ていた人々には、 耐震偽装住宅の住民、地震・水害等天災の被害者、リストラ生活を送る人、税金の使途が気になる納税者。 夫々の立場、政治的主張、その他でいろいろな視点が有ると思うが、  大多数の国民、恐らく99.9の国民は、怒りの気持ちでテレビ中継を見たのではなかろうか。 そして私は、と云えば又しても法律家、あの補佐人という鶴見俊男弁護士のふてぶてしさに、最大の怒りを覚えた。 ...続きを見る
変人キャズ
2006/01/24 03:47
国会証人喚問を見て思う(3)
国会証人喚問を見て、★前々回の記事:国会証人喚問を見て思う(1)、では法律関係者と私との「価値観」の相違を、★前回:国会証人喚問を見て思う(2)、は彼らと私との「仕事観」の相違に就いて書いた。 続いて今回は、纏めを述べたい。 私は、「もうそろそろ、現在の日本的風土を手直ししなければいけないのではないか」、と提言したいのである。 日本的風土とは: 「手術は成功した、然し、患者は死んだ」。 これである。  この名文句は、物質的には豊かになったが、精神面は法律屋的発想が支配する、明治以後... ...続きを見る
変人キャズ
2006/01/24 04:05
また大きな災害が襲う
能登半島で大きな地震が起った! ...続きを見る
建築バカ日誌
2007/03/26 14:27
性悪論者の弁(6)
毎日新聞に2008/3/21から3/30までの連載で、「正義のかたち」、という題の、裁判官の告白を紹介しながら、裁判に於ける量刑の公正さ、妥当さを考える記事があった。  “裁判員制度”の発足を一年後にして、“人を裁く”意味を考える、という趣旨の欄である。 ...続きを見る
佐久間象川
2008/04/02 16:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
耐震強度偽装問題(続) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる