変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS (独り言71)「米国だより E」

<<   作成日時 : 2005/09/08 02:03   >>

トラックバック 0 / コメント 0

「米国だより E」                 82.2.10

★ 学会でマイアミビーチに行った。  会場のホテルの食堂に、未だ、”お早う”、”こんにちは”程度しか知らないが、しきりに日本語を覚えたがっているボーイがいた。  来年あたり日本に行く計画をしているとかで、こちらを日本人と知って、煩く付きまとわれた。
そこで、一寸いたずらをすることにした。


★ 「道を聞く日本語を教えて上げよう」、
 「それは有り難い。メモを取るから宜しく」。
 「私は道に迷っています、という日本語は、ワタシ、チョット、クルクルパーネ、と言うんだ」、
 「うん書いた。もし東京駅に行くとしたら」。
 「それは、トーキョーエキニユクミチヲ、オシエタラ、エライゾ、と言うんだ」。

 後で、他の日本人に解説を聞いたら、 あの野郎と怒っただろうな。
 或いは本当に東京の街中で、「ワタシ、チョット」とやったら相手は吃驚するだろう、 などと想像した。



 西海岸などでは今どき、日本人など珍しくもないが、 さすがマイアミ迄行くと多少は希少価値もあると見えて、 あのボーイさん、折角、日本人を捉まえたが相手が悪かった。

私の様な不良にひっかからなくても、 善意の相手でも間違って覚え込まされることはある。
煉瓦を包んだブリキ板を指してあれは何だと質問したのに対して、 煉瓦(ブリック)だと答えられたのが、スズ被覆の鉄板を日本では「ブリキ」と言うようになった元だという。

カンガルー(現地語でアイ・ドント・ノーの意味)も似た様な語である。



★ 情報の安易な導入が危険だという事に関してであるが、
テキサス州の州都で、ホモには家主が家を貸す事を拒否できる、 という借家法案が提出された。
 通れば米国で初めての性的嗜好に対する差別法が成立する、というので全米の注目を集めたが、 住民投票の結果、大差で否決された。


これを日本でどのように受け取られたか。
 性の解放が米国ではここまで進んだといった安易な受け取り方をされたのでないか、と気懸かりである。
キリスト教会など保守派も揃って法案に反対したことを見ても分かるとおり、 現地の争点は全く別であった。



 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −
註記:「私の独り言{前置き[1]}:2005/4/21」に述べた理由で、このシリーズの記事を多数並べているが、これらの中で筆者として最もお読み戴きたいのは、次の2編です。
◎[11]私の独り言{明治生まれ:1979/5/26}[2005/7/6]
◎[9]私の独り言{血税の使い方:1978/4/5}:[2005/07/04]
 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  − −


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(独り言71)「米国だより E」 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる