変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS (独り言21)「研究環境」

<<   作成日時 : 2005/07/19 04:54   >>

トラックバック 4 / コメント 0

研究環境                    78.?.?

 技術貿易にも保護主義の風潮が出てきた現在、何度もむし返された話題だが、日本の基礎研究体制の差異をもう一度考えてみる必要がある。

 大学などの研究について毎度指摘されるのは、研究費の額が少ないことである。
それももちろん問題だが、そのただでさえ不足の予算が、有効に生かされない仕組みになっていることの方が、私にはいっそう重大に思われる


★ 米国では、大学教授が委託で得た研究費は、物品の購入だけでなくグループ作りの人件費にも、外国出張旅費にも使用できる。
教授の責任と判断によって、最大の成果を生み出すために、もっとも有効な方法で使用される。

 一方、日本の官庁研究所などでは、研究費の使用は細かな規則に縛られていて、人件費・旅費などへの使用は論外として、物品の購入さえままならない。
実際上、物品購入の可否を決めるのは、研究室でなくて、会計課の事務官である。
このため、しばしば妙なことが起きる。



★某研究所のA氏が、
イカの神経を使用する生化学の基礎研究を企てたら、”さしみにして食う疑い”、をかけられて、イカを研究費で購入してもらえなかった。
彼は毎日自分の小遣いでイカを買っている。

 某大学のB教授は、
電気冷蔵庫の購入が、”ビールでも冷やすのではないか”、と会計課の役人にかんぐられて認められなかったので、私物の冷蔵庫を研究室に持ちこんで研究をしている。
私物を研究室に置くのは違法行為だから、毎年会計検査の時期になると、重い冷蔵庫を自宅に運んで、検査に引っかからないようにするのが大変だ

 、という。

 会計課の事務官は
「研究ができるか、できないかは私は知りません。
しかし、さしみを食われたり、ビールを飲まれては、私の責任になります」

と云うようだ。

研究の進まないことは事務官の責任にならない。
 ここに日本の役所に共通の一つの問題点がある、と私は思う。



 無用な役人の存在は、汚職役人よりもタチがわるい。
彼等は年間数百万円の給料を泥棒するだけでなく、現場の仕事の邪魔をする。
研究費の多少以外に、このような研究環境の差異も、考えてみる必要がある。







 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  −
註記:「私の独り言{前置き[1]}:2005/4/21」に述べた理由で、このシリーズの記事を多数並べているが、これらの中で筆者として最もお読み戴きたいのは、次の2編です。
◎[11]私の独り言{明治生まれ:1979/5/26}[2005/7/6]
◎[9]私の独り言{血税の使い方:1978/4/5}:[2005/07/04]
 −  −  −  −  −  −  −  −  −  −  − −



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
NHKらしさ、とは
2005年度4月からの「日本のこれから」という番組で第一回のテーマとして「格差社会」を取上げて放映した。 格好の良いことは言うが本質的な、難しい部分は逃げてしまうNHKらしい放映を見たので、今迄にも人に話した主張を蒸し返します。  ある参加者が「教育者の評価は、生徒が遥か後年になって、あの先生は良い先生だった、と分るのだが」と言った時に、司会のアナウンサーはその部分の問題提起を避けて通ったのを見て、NHKらしいと感じた。 最大の困難に触れずに「格差是正のために、成果の評価を公正に行なう... ...続きを見る
佐久間象川
2005/07/19 07:18
ブログ開設一年を振返り{2}
前回に書いた話で、(R君)や(Y君)が折角興味深い話題を書きながら、彼らのブログを非公開にしていること。 また、(小坂君)、(ドジ君)、や(R2君)が他人様のブログにコメントを良く入れて面白い視点からの意見を披露するのに、自身はブログを開設していないことに関して、その気持も分かると書いた。 その事情とは、{[B-31]:「ホージンノススメ」へのコメント }にも記したのであるが、矢張り我々仲間内でないと分かり難い話だと思うとして、喩え話として、「極限状態で人肉を食った経験談」、の様なものと... ...続きを見る
佐久間象川
2006/04/11 00:41
感度の有無(5)交通警官
★Y君とR君が車に乗っていて、交通警官に捕まり、運転方法に就いての議論になった。 「俺は、こういう運転で、過去40年間に、50万キロの運転をして、無事故だ」、と説明しても、 警官は、「今までに40年間は無事故であっても、明日、事故を起こすかもしれない」、と主張して、話にならない。 ...続きを見る
変人キャズ
2006/08/21 07:12
何が正しいか(3)
前回の記事に引き続いて、旧いブログ記事2編を紹介する: ...続きを見る
佐久間象川
2012/08/24 04:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
(独り言21)「研究環境」 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる