変人キャズ

アクセスカウンタ

zoom RSS 人類滅亡論[1]人知の限界 ◆超科学(1)

<<   作成日時 : 2005/04/11 20:28   >>

トラックバック 7 / コメント 3

確率的には非常に起こり難いことに遭遇し、
   何か超科学的な力を感じる体験を、それも一度ならず、
   私は経験した事がある
。 
 

湯川博士も夢のお告げ、といったことを敢えて否定はしない、と語って居るし、
日本が世界に誇る電子工学の先達、マグネトロンで有名な岡部金治郎博士は晩年、神秘現象の研究に深く関与された。
そして私自身も上記の経験から科学を越えた事実がある事を信じています。
合理的なものの考え方の山本五十六大将が「夢見」を信じたし、
迷信を信じない志賀直哉が、「今この電車に誰が乗って来る」、と思い当ててしまうことが時々有ったことが伝えられて居る。


現存の信用できる人物の経験談でも、
三浦雄一郎がエヴェレスト直滑降で転倒した時、滝に打たれていた母堂がそれを感知した話や、
環太平洋ヨットレ−スの途中で音信が絶えた諸井氏の夫人の夢の話がある(朝日新聞「天声人語」94/6/9)。
東大名誉教授である先輩科学者は、「われわれの年になると、因縁の糸が血管や神経細胞のように、あるいは曼荼羅網の無尽のフラクタル構造のように、かなりつながりが見えてくる」、と云われた。
 同感であったが、私はその様な事を言うのを憚った。

普通は、この様な話をすると非科学的だとされ、悪くするとこちらの人格まで疑いの眼で見られてしまう。   所が、
実はこの様なことが必ずしも不思議ではなく、
   スモールワールド・ネットワークという考え方で合理的な理解が出来ることが、
   1998年頃から分ってきた

という話を、最近になって初めて知った。 マーク・ブキャナンの本の書評で知った次第である。

霊感とか、予知夢とか、奇跡的な出会いとか、偶然にしては余りに確率が小さくて有り得そうにない経験談を友人達に話す時に、
自分自身の体験であり、何も嘘や作り話をしている訳ではないのに、
今迄は何とは無しに後ろめたいような思いが有った。
だが、ブキャナンの本を知ってホッとした。



マーク・ブキャナンの本を自分では読んでないのだが、
世界中の60億人が、それぞれ直近の50人と繋がる図を描くと各人の隔たり次数は6000万だが、ここにT万本に2本だけランダムな繋がりを入れると隔たりが突如8に下がる、
と説明されると、定性的な話は分るような気がしないでもない。


★処で、書評によるとこの本は「意志ある者は法則に従うか」の項で始まるというので、超能力とは違うが山口次郎先生の話を思い起した。
山口先生は日本の半導体研究の草創期のパイオニアで徹底した実証家であったが、 学生時代に力学を学んで、ニュートンの法則に従うと運動物体の最終状態は初期条件で決定される、という命題に疑問を持った。
猫を高所から落とすと、頭を下にして落としても、頭を上にして落としても、必ず足を下にして着地すると言われている。
これは力学の命題に反すると考えた先生は、それを確認するために、近所の猫を捕まえて来ては二階から落とした。
何度もこの実験を繰返す内に、猫は山口先生の姿を見ると逃げて、掴まらなくなった
という。
 

この話を伺った時に山口先生は、「ニュートン力学は物体に就いて成り立つもので、生物には適用できない」、ということで理解した、と話されたが、私は納得出来なかった。

★ブキャナンの本の「意志ある者は法則に従うか」の項を読めば、永年の疑問が解けるだろうに、老齢の私はこの頃大層読書力が落ちて、纏まった物が全く読めなくなってしまった。
残念ながら私は、遂にその解決を知らないで、人生を終わるのだろう。

老齢に達した現在、
   子供達が我々の領域を、
   そして孫達が子供達の領域を、
   何の苦も無く乗り越えて行くのを感じる。
 

現代科学で理解し難い不思議を、山口先生や私のような老骨が悩むことを、スモールワールド・ネットワークの考えが常識になる世代は楽々と超えて行くのだろう。
丁度、地動説が現在の子供にとって常識であるように

参考:なお、“砂山のパラドックス“に関して一寸計算をしてみた。
 地球全体を直径1mmの砂粒の集合とすると、其処に含まれる
     砂粒の数は、8.6X10(29乗)である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人間の評価に付いて(6)秋の叙勲
本日2006/11/03、秋の叙勲(4028人)が発表された。 春の叙勲の時の感想は、「人間の評価」に就いて(4)春の叙勲[B-39] 、に書いた通りである。 ...続きを見る
佐久間象川
2006/11/04 19:42
不思議な体験
▲[C-176][2009/1/1] 日米開戦67年目の年末に思う という前回エントリーは、表題からすれば、当然12月末の日付で公開されなければ可笑しい。 しかし、現実は、今年1月1日になっている。 ...続きを見る
変人キャズ
2009/01/02 18:59
人生の確率計算
先日例の仲間の会合で“Y君の所感”と“ピアニスト君の確率計算”を巡って話題が湧いた。   @▲女は畏怖すべき存在:[C-178]、に紹介している“Y君の所感”: 『叔母の死後に、Y君はふと、自分は随分幸せな人生を送ったなあ、と感じることがあるという。 {中略}、確率的には稀な「人との出会い」に恵まれる僥倖を頂いたのを有り難く思う、という。』 ...続きを見る
変人キャズ
2009/04/28 20:30
因果
2010/2/9の毎日新聞、発信箱欄に、“因果”という記事が載っていた。  内容の概略は次のようである: ...続きを見る
変人キャズ
2010/02/23 21:03
65年間の回想(5)
第3回の記事、(▲65年間の回想(3):[C-215])、の中で、    あの記事を書くのに大変に難航したことを述べた。 それは、    思考経路の説明の或る部分を、普通の人ならば、さらりと書けることでも、    私は其処に拘ってしまうのである。  前回に引き続いてその事情を、    「人の出会いという幸運」の話題(幸運にも色々とあるが)、    を例にとって、説明してみよう。           ★ ★ ★ ★ ★  ...続きを見る
変人キャズ
2010/05/25 15:17
日米開戦70年(2)
日本をあの戦争へと導入した政治家、官僚が無見識だった   のは勿論だが、そのうえ彼等の戦中・戦後の言動   を見ると、無恥で無責任な者が多かった。 それに対して戦争を避けるように主張して人達は皆、   心ならずも突入した戦争の最中でも、国のために   最善の途を求めて誠実な努力そ重ねた。 ...続きを見る
変人キャズ
2011/12/08 18:09
リーマン予想と小世界
9月11日にBSで「素数の魔力に取りつかれた人々、リーマン予想」という再放送TV番組が放映された。 前回も見て、超一流の世界的数学者の資質、能力の凄さに驚嘆したものだが、今回は別の視点からの感動があったので書き残す。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2012/09/15 13:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
開設時から遡って、読ませて頂くことにしました。初めから吹き出してしまう面白さと、科学者が体験する神秘現象の話しに引き込まれてしまいました。山口先生の「ニュートン力学を生物で実験した話」には笑ってしまいました。
去年の文章について問われては面食らってしまうでしょうね。当分の間、楽しませて下さい。しばらく本を買わないですみそうです・・・。
ラベンダー
2006/08/26 09:47
ラベンダー様:
私のエントリーを全部読む、と言われて、震え上がりました。 元々、ブログは人様に見て頂く前提で書くものでスから、読んで頂くのは正直、嬉しいのですが、私の場合、何かの情報に接して血圧が上がり、興奮をぶつけるだけという事が多い。以前に書いたことをダブったり、話がくどかったり。 どうかお手柔らかに。
追記:ダンスの話のご縁で最近、仲間の3人がお騒がせしていますが、田舎の山猿仲間の内、今お騒がせしている連中の他に、少し距離を置いてその外郭にいるA君、そのお嬢様のE様のブログの方が、本当は、ラベンダー様にご覧頂くのに相応しかったと思います。
或いは、同郷の中で最もまともであったT氏のものがあれば良かったと思います。 生前に、東京高裁の裁判長として、或る有名事件の処理をしたT氏も、家は私の実家から100メートル程の近所でした。 田舎でも、お金持ちの家の子弟は付属(現教育大付属小)に行ったのですが、私等の仲間も、A君もT氏も公立小学校でした。T氏、A氏共、落ち着いた大人です。
変人キャズ
2006/08/27 16:20
こんにちは。
キャズ先生、お気遣い無用です。私はそれ程の者ではなく育ちも悪くてネットだからお相手して頂いておりますが、リアルであったらとても対等にお話しできないと感じていますよ。今日も2編読んでいて、いろいろ想像しながらワクワクとしてます。パスポート事件、不法滞在疑惑?本当に面白いです。途中、お仲間さんの引用文に入ってしまったり、自分が今、何方の文章を読んでるのか解らなくなったり、こんなに揃って仲良しで毛並みも一緒なのも珍しい事で、羨ましい限りです。変人どころか賢人でございます!何者です?先生たちは。
ラベンダー
2006/08/27 17:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人類滅亡論[1]人知の限界 ◆超科学(1) 変人キャズ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる